2018年03月15日

2018年03月15日-16日

オルガンと歌うよろこび
―クワイア・フェスティバル2018―

日時 2018年3月15日(木)・16日(金)
メッセージ アメリカから派遣された宣教師の両親とともに17歳まで日本で過ごし、現在はアメリカで教会オルガニスト・指揮者として活躍するバーバラ・ブルーンズ氏を迎えて、クワイアの音楽に浸る2日間。
会場 フェリスホール
内容 【第1日】3月15日(木)17:30開始(17:00開場)
特別公開講座「教会音楽家という仕事」~米国プロテスタント教会の「今」を語る~
講師=バーバラ・ブルーンズ
通訳=宮本とも子(演奏学科 教授)

【第2日】3月16日(金)16:30開始(16:00開場)
レクチャーと音楽「フェリス創設期と讃美歌」
講師=谷口昭弘(音楽芸術学科 准教授)
オルガン=バーバラ・ブルーンズ 宇内千晴(演奏学科 非常勤講師)
千葉麻莉子(演奏学科 副手)
合唱=クワイア・フェスティバル受講生
(フェリス女学院大学音楽学部・音楽研究科有志 桜美林大学クワイヤー フェリス女学院大学宗教センター附属聖歌隊ムジカ・サクラ)
曲目=J. ツヴァルト:つくりぬしを賛美します
H. ハウエルズ作品 E. シーマン作品 ほか

参考  チラシ画像
入場料 各日 全席自由
一般:1,000円
高校生以下:無料
オープンカレッジ生・卒業生:500円
本学学生・教職員:無料
問い合わせ先 演奏委員会室
045-681-5189(月火木金10:00~17:00)
E-mail: