寺尾隆吉教授が『ライオンを殺せ』《フィクションのエル・ドラード》を翻訳出版しました

『ライオンを殺せ』《フィクションのエル・ドラード》
ホルヘ・イバルグエンゴイティア(著)、寺尾隆吉(訳)

出版社:水声社
発行日:2018/10/31
執筆教員:寺尾 隆吉(国際交流学部 国際交流学科 教授)

《88年に及ぶ英雄的独立戦争の末、1898年にアレパは独立国となった。独立戦争最後の生き残りで、「独立戦争の英雄少年」として名高い陸軍元帥ドン・マヌエル・ベラウンサランが大統領を務め、憲法上最後となる四期目を全うしつつある。》
恐怖政治で権力を掌握する独裁者が治める国アレパの《真の独立》は成し遂げられるのか? 陰謀、クーデター、暗殺計画…… さまざまな思惑が入り乱れるハードボイルド小説さながらの「政治喜劇」。

(出版社blogより)