松田浩教授の編著『古典文学の常識を疑う』が出版されました

『古典文学の常識を疑う』
松田浩・上原作和・佐谷眞木人・佐伯孝弘(編著)
出版社:勉誠出版
発行日:2017/06
執筆教員:編著・松田 浩(文学部 日本語日本文学科 教授)
      分担執筆・竹内正彦(文学部 日本語日本文学科 教授)

万葉集は「天皇から庶民まで」の歌集か?源氏物語の本文は平安時代のものか?
中世は無常の文学の時代か?春画は男たちだけのものか?
未解明・論争となっている55の疑問に答える。

(出版社HPより)

日本古典文学研究を志す学生や古典文学好きの一般読者に、最新の研究成果をわかりやすく語る一冊です。
※表紙画像はフェリス女学院大学蔵『新三十六歌仙画帖』式子内親王