学生が考案した電車到着サイン音「アンダンテ」が「環境デザイン賞」を受賞しました

「環境デザイン賞」(主催:公益社団法人日本騒音制御工学会)は、音・振動環境の改善に優れた業績を挙げた取り組みに対して贈呈される賞です。

今回、フェリス女学院大学と相鉄グループの相鉄ホールディングス(株)(本社・横浜市西区、社長:林英一)、相模鉄道(株)(本社・横浜市西区、社長:滝澤秀之)が2017年3月1日より相鉄いずみ野線の緑園都市駅で試験導入している電車到着サイン音「アンダンテ」の取り組みが高く評価され、受賞となりました。

電車到着サイン音「アンダンテ」は本学音楽学部音楽芸術学科「音環境デザインゼミ(2016年度開講)」(担当:船場ひさお講師)の学生らが考案したもので、到着する電車の上り・下りの方面や種別を音の種類で認識することで、駆け込み乗車を予防するものです。詳しくはこちらをご覧ください。

表彰式は2018年5月30日(水)に弘済会館で開催され、音環境デザインゼミ卒業生と秋岡陽学長が出席しました。

受賞の様子

表彰盾