この記事の執筆は ”環境”です

エコキャン × ヴィ・ド・フランス 共同プロジェクト第5弾!コラボパンをいずみ野駅前イベントで販売


本学公認団体のエコキャンパス研究会が、株式会社ヴィ・ド・フランスとの共同プロジェクト第5弾として、コラボレーションのパン5品を考案し、9月1日のいずみ野マルシェ+(プラス)でお披露目しました。

このプロジェクトは、相鉄ホールディングス株式会社と横浜市役所が推進する産官学民連携によるまちづくりの取り組み「相鉄いずみ野線沿線 環境未来都市」の一環として、沿線の魅力づくりとブランド向上を目的としています。

今回は、東京オリンピック2020も意識して、「和(日本風)」「輪(つながり)」「環(環境保全)」などの「わ」の発信をテーマに20品ほどを考案し、その中から関係者の投票によって5品が選ばれました。例えば、「和」の「ぎゅうひ入りあんクロワッサン」や地産地消の「環」の「彩り野菜と肉味噌のキッシュ」といったユニークなアイデアばかり。考案に携わった学生たちが商品の特徴を説明しながら、約220個を販売しました。

学生たちは、「今回で5年目を迎え、私たちの創作パンの取り組みを地元の皆様にも少しずつ覚えていただき、本当にありがたいです」、「毎年、ちがったパンを考える楽しさがあり、商品としてカタチになったときの達成感はとても大きいです」と笑顔で語ってくれました。今回も多くの企業の皆様にご協力いただき、心から感謝いたしております。