この記事の執筆は ”文学部”です

政治参加促進のためのチラシを作りました(コミュニケーション基礎ゼミ)

コミュニケーション学科では、一年次の後期に、通称「基礎ゼミ」(コミュニケーション基礎ゼミ)という少人数のゼミが開講されています。私、藤巻が担当する基礎ゼミでは、メディアとしての新聞に親しむことで、テレビやインターネットをはじめとするメディアの歴史や政治との関係について理解を深めようとしています。

いくつかある課題の一つに、若者を選挙・投票へと促すためのチラシ作りがあります。若者を対象に、まず選挙・投票へと足を運ぶことの重要性を説き、各政党の政策も分かりやすく比較する工夫を凝らさなくてはなりません。

10月16日のゼミでは、自分たちが作成したチラシのプレゼンをしました。そして、どのチラシが一番良いのか投票もしました。

他のゼミ生が作成したチラシをみて、どのような標語(コピー)を作ったら注意を惹くことができるのか、またどのような図を作成したら客観的に政策の比較ができるのかなど、議論が盛り上がりました。

これから選挙に行き、政治参加を始めようとする18歳にとっては、まだ政治は難しく響く領域ですが、フェリス生にアピールするための工夫もあり、とても充実した時間になりました。この課題を終えた基礎ゼミ生たちは、政治とメディアとの関係についてより一層の関心を持ったことは間違いないでしょう。

文学部コミュニケーション学科教授 藤巻光浩