ハラスメント防止のために

ハラスメントの悩みの相談は?

フェリス女学院大学ではセクシュアル・ハラスメントのみならず性的言動を伴わないハラスメントも、個人の人権を侵害するものであり、絶対にあってはならないものと考えています。
すべての学生・教職員が対等な個人として尊重され、セクシュアル・ハラスメントなど人権侵害と性差別のない環境の中で、学習、研究、就業に専念できることをめざしています。
たとえばセクシュアル・ハラスメントとは、 以下に述べるような相手の意に反した、 性的な性質の言動を行い、 それに対する対応によって一定の利益もしくは不利益を与えたり、 またはそれを繰り返すことによって学習・研究・就業環境を悪化させることです。

  • 地位、立場、権限を利用し、成績評価等で、利益・不利益を条件として、相手に性的要求や誘いをかける。
  • 性的要求・誘いを受けたか否かによって、相手方に利益・不利益を与える。
  • 性的な言動、 または卑猥な図書や文書の掲示、性差別的な嫌がらせによって、相手に不快感を与える。
  • 私生活の監視、干渉をし、プライバシーを侵害する。 また、そうした私生活の監視により知り得たことを暴露する。

なお、ハラスメントは意図的であるか否かに関わらず、相手や第三者が、そのことを望まず不快に思うのであれば、それが、ハラスメントとなります。 また、フェリス女学院大学では、性的要求を伴わない前述の言動についてもハラスメントと同様に扱います。

被害にあった場合、直ちに相談員に相談してください。 加害者は、自分が加害者であることに気づいていないかもしれません。 「自分が望まない、不快だ」 と思うなら、そのことを意志表示してください。 自分だけで悩まなくていいのです、我慢しなくていいのです。 自分が悪いと思う必要はありません。

相談員は、学生課掲示板を見てください。 相談員の連絡先を表示しています。 相談員のだれでもよいのです。 秘密は厳守されますので、安心してください。 相談したことによって、不利益を被ることはありません。 相談があると、相談者の同意を得て、ハラスメント防止委員会に報告され、必要があればハラスメント調査委員会が設けられ、ケースにより教授会等必要な機関において審議されます。