人文科学研究科

人文科学研究科には「英文学専攻」「日本文学専攻」「コミュニケーション学専攻」の3つの専攻が設置されています。
本学院の明治以来女性教育をリードしてきた歴史を生かし、ジェンダーの視点から文化全体を捉える試みに取り組んでいること。「さまざまな文化現象についてキリスト教の視点から問題を提起する」という本学の伝統を生かし、文学や文化・社会のキリスト教的背景に重点を置いた研究を行っていること。文化の交錯する横浜の地で育んできた伝統を生かし、国際社会の文化交流や摩擦、コミュニケーションをめぐる諸問題を研究すること。この3つが人文科学研究科の特徴です。

専攻構成

人材養成目的

人文科学の領域に関する理論及び応用を教授研究し、優れた研究能力を持つ研究者、高度に専門的な見識と能力を備えた職業人、多様化する社会で他者と共生し、主体的に表現できる豊かな素養を身に付けた社会人を養成する。

博士前期課程の3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

人文科学の領域における高度な専門知識と研究方法・技法を習得し、その専門的見地から多様化する社会に、社会人・職業人として貢献できる能力をもつ者に「修士(文学)」の学位を授与する。

カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

人文科学の領域において、キリスト教、ジェンダー、多文化理解の視点を背景に、少人数の専門研究と修士論文の作成を通じて、専門的見地から多様化する社会を理解し、社会人・職業人として社会的貢献ができる高度の能力を養う。

アドミッション・ポリシー (入学者受入の方針)

本研究科の教育理念を理解し、入学を志願する者を、個性と専門的知識を活かせる入試方法により複数の入試機会を設けて選抜し、人文科学の領域に対する関心と研究を進めるために必要な知識及び能力をもつ者を受け入れる。

博士後期課程の3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

人文科学の領域において、自立した研究者として必要とされる高度な専門知識と研究方法・技法を習得し、その専門的見地から多様化する社会に、職業人・研究者として貢献できる能力をもつ者に「博士(文学)」の学位を授与する。

カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

人文科学の領域において、キリスト教、ジェンダー、多文化理解の視点を背景に、少人数の専門研究と博士論文の作成を通じて、専門的見地から多様化する社会を理解し、職業人・研究者として社会的貢献ができる高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養う。

アドミッション・ポリシー (入学者受入の方針)

本研究科課程の教育理念を理解し、入学を志願する者を、個性と高度な専門的知識を活かせる入試方法により選抜し、人文科学の領域に対する関心と、必要とされる高度な専門知識及び研究方法・技法をもつ者を受け入れる。

取得可能学位

博士前期課程 修士(文学)
博士後期課程 博士(文学)

取得可能資格

英文学専攻中学校・高等学校教諭専修免許状/英語
日本文学専攻中学校・高等学校教諭専修免許状/国語
コミュニケーション学専攻専門社会調査士

資格について詳しくはこちらから