音楽研究科

本学の音楽研究科は、「音楽芸術専攻」および「演奏専攻」という2つの専攻によって構成されています。フェリス女学院が建学以来重視してきたキリスト教教会音楽の研究を基礎としつつ、両専攻は音楽研究科で学ぶ者の将来目標にふさわしい機能的なアプローチで、一人ひとりに明確な方向付けをしています。クラシック音楽の演奏・教育活動においても、また現代社会の動向を見据えた音楽プロジェクト実践においても、それぞれ日本の音楽文化の未来をよりよくするために貢献していきます。

専攻構成

「選択PA(Performing Arts)科目群」について
レッスン科目を始めとする個人指導による科目を「選択PA科目」として開講しています。声楽及び器楽(ピアノ、オルガン、チェンバロ、クラヴィコード、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、フルート)の実技の個人レッスンが中心ですが、そのほかに音楽芸術専攻の専任教員が背景研究・論文作成、作曲、メディア・アートの分野についての個人指導も行います。選択PA科目群の仕組みを活用することで、学生は専攻実技の個人レッスンを複数の教員から受けることができます。また、研究のために有意義であると認められた場合には、自らの専攻(楽器)とは異なる専門分野の担当教員の個人指導を受けることができます。このことによって研究科内には、教員が皆で力を合わせて優れた音楽家を育て、有望な人材として社会へ送り出そうという高い意識がみなぎっています。選択PA科目では、週1回(45分・15分)の個人指導を受けることができ、本学教員及び海外アーティスト等学外の講師による短期集中レッスンなども設定されています。

人材養成目的

音楽の領域に関する理論及び実践を教授研究し、高度に専門的な知識・能力・技術を持ち、かつ音楽界を多様に支える素養を兼ね備えた職業人を養成する。

三つのポリシー

ディプロマ・ポリシー (卒業認定・学位授与の方針)

音楽の領域において、卓越した演奏家・音楽文化人としての高度な専門性を身に付け、社会のニーズにあった音楽活動をするのみならず、社会にインパクトを与え、社会人・職業人として芸術に理解ある社会の創造に貢献できる能力をもつ者に「修士(音楽)」の学位を授与する。

カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

音楽芸術・音楽文化の領域において、高度に専門的な知識・理論・表現技術が身に付くように、少人数の専門研究科目及び奏能力・技術をより向上させる個人レッスンやアンサンブル科目を中心としつつ、社会との接点を持つ実践的な科目及び専攻分野を横断する学際的な科目を置くことにより、現代社会で活動するために必要となる高度な実践的能力を養う。

アドミッション・ポリシー (入学者受入れの方針)

本研究科の教育研究理念を理解し、入学を志願する者を、高度な専門的知識や技術を活かせる入試方法により選抜し、演奏及び音楽芸術の各専攻分野における研究を行うために必要な幅広い知識や能力だけでなく、将来的に音楽の分野での職業人として成長・活躍できる資質をも併せもつ者を受け入れる。

取得可能学位

修士(音楽)

取得可能資格

中学校・高等学校教諭専修免許状/音楽

資格について詳しくこちらから