国際交流学科

関心あるテーマを立体的・発展的に追究しながら
国際社会にアプローチします

国際交流学科は、世界で日々起こっている問題を地球市民の一人としてとらえ、グローバルな視点から考え、行動できる人材の育成をめざしています。 本学科ではそのために、少人数制の「演習」や、「国際協力」「文化交流」「人間環境」の3つのプログラムを用意しています。

  • 国際社会の仕組みや世界各地の社会・文化を学びます
  • 徹底した少人数制で自主的な学びをサポートします
  • 充実した語学教育で世界の6言語の中から選択して習得できます

人材養成目的

国際交流の領域に関する高度の教育研究を行い、グローバリゼーションの時代にふさわしい、専門分野の枠を越えた総合的知識を身に付けた人材、すなわちこれからの社会に貢献できる知性と行動力をもった人材を育成する。

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

国際交流の領域に関する知識を修得するとともに、グローバリゼーションの時代にふさわしい教養や語学力を身に付け、地球的課題に立ち向かい、社会に貢献できる能力をもつ者に「学士(国際交流学)」の学位を授与する。

カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

入門・基幹科目群から始まり、国際協力、文化交流、人間環境の3プログラムへと展開するカリキュラムで国際交流における総合的知識を教授する。これにより、世界の現実を把握し理解する能力、グローバリゼーションの時代に相応しい教養、他者理解のための語学力を養う。

アドミッション・ポリシー (入学者受入の方針)

本学科の教育理念を理解し、入学を志願する者が、個性と得意分野を活かして受験できるよう多様な入試制度を設けて選抜を行い、国際社会に対する関心とその領域を学ぶ基礎能力をもつ者を受け入れる。