演奏学科

演奏の学びを通じて社会に貢献できる人間を育てます
一人ひとりに手厚いサポートを行うことができるのは、少人数のフェリスならではの強みです

演奏学科は、音楽を志す者がめざす音楽家への夢、音楽への情熱を強力にバックアップするだけではなく、音楽の専門知識を学びながら、将来、音楽に関する起業、就職をめざす者へのカリキュラムも用意しています。
音楽の専門知識や演奏技術を身につけることはもちろんですが、音楽界を多様に支える人材を養成するには、それで十分とはいえません。演奏学科では演奏するための身体(からだ)づくりを見直し、音楽に必要不可決な要素を根幹からつくっていくための「からだエクササイズ」科目も充実させました。
また、西洋音楽の根幹であるキリスト教音楽の教養を身につけることができるのも本学の大きな特色です。カリキュラムは各自の目標にそった科目選択ができるので、演奏の専門性を高め国内外で幅広く活動したい方にも、卒業後、就職してからも生涯音楽とかかわっていきたい方にも最適な学びが用意されます。
少人数教育と教員の万全なサポートで、理想的な学びの環境を実現します。

  • 充実した個人レッスンとバラエティに富んだ小編成アンサンブルで学びます
  • 複数教員による多面的な指導を行います
  • 身体に着目したカリキュラムで美しさの基礎を身につけます
  • 選択自由度の高いカリキュラムで幅広い進路を実現します

人材養成目的

西洋伝統音楽の型を学び、その本質と文化的・歴史的な背景に対する理解を深め、確かな演奏技術と豊かな表現力を修得させ、その過程で養われる人間力によって、広く社会に貢献する実践的な人材を養成する。

三つのポリシー

ディプロマ・ポリシー (卒業認定・学位授与の方針)

学科の教育課程で定める授業科目を履修し、基準となる単位数を取得し、演奏学科の人材養成目的を踏まえた以下の知識・能力・技能を身に付けた者に「学士(音楽)」の学位を授与する。

1. 幅広い教養と音楽の本質と文化的・歴史的な背景に関する専門知識と、演奏技術、表現力が身に付いている。
2. 国際化の時代に必要となる英語およびその他の諸言語の運用能力が身に付いている。
3. 芸術作品と向き合い、そこに込められた意図を正しく読み取り、解釈することができる。また作品解釈を演奏表現する過程の経験において、演奏における課題の発見と、それを解決する表現能力が身に付いている。
4. 演奏活動を通して、他者・社会とコミュニケートできる能力が身に付いている。
5. 学内・学外における様々な作品の発表および演奏活動を通して、他者と協働・共生することができる能力が身に付いている。
6. 芸術作品および演奏技術を多面的に学び、創造力を醸成することにより、新しい価値を見出すことができる。

 



カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

演奏学科では、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げた知識・技能などを修得させるために、次のような方針でカリキュラムを編成している。

1. 全学共通の教養教育における多彩な科目を通して、幅広い教養を身に付ける。また、専門教育については、4年間を通じて週1回の専攻実技レッスンを中心として構成しており、レッスンと補完しあう科目として、まず初年次には演奏学科での学びの方向性を示す「導入セミナー」をはじめとする科目群「基礎を身につけよう」が置かれ、続いて「ステージ経験を積もう」、「アンサンブルを極めよう」、「レパートリーを築こう」、「知識を深めよう」、「教える技術を身につけよう」、「PA科目(表現の幅を拡げよう)」の各科目群が設置されている。各科目群から選択して学ぶシステムの採用により、過不足のない専門知識の修得を図るとともに、演奏技術や表現力を身に付けることが容易になる。また、自由選択科目として他学部・他学科科目を広く履修することもできる。
2. 英語を中心とした外国語運用能力は音楽作品を研究する際に必須であり、国際的な演奏表現の場における共演を実現可能にするための重要な能力である。そのため、全学共通の英語、初習外国語(フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、朝鮮語)科目およびイタリア語により、基本的な言語運用能力を身に付けさせる。その際、学生は3つの語学コース(スタンダード・コース、英語インテンシブ・コース、初習外国語インテンシブ・コース)から選択することができる。
3. すべての学科生が4年間を通じて受ける週1回の専攻実技レッスンや小編成のアンサンブルの授業科目等により、課題発見・解決能力の向上を図る。
4. 学内・学外での数多くの演奏・ステージ経験を積むことにより、音楽を通じて社会とコミュニケートし、よりよい社会の創造に貢献する。
5. 複数の教員による多面的な指導を通して幅広い視野をもつことや、アンサンブルの授業によるさまざまな楽器との共演において協調性を身に付けることにより、他者との協働・共生能力の向上を図る。
6. 実技能力向上のための努力の過程を通して、学習前とは違う観点および価値観によって自らの演奏表現、作品解釈を俯瞰し、芸術的な創造の意識を得ることができる。新たな価値を産み出すことができるよう、4年間の一貫した専攻実技レッスン科目を置く。その一方で新たな視角での気づきを得るために、多面的な指導を可能とする複数教員による実技指導ができる科目編成とする。

各授業のシラバスには、受講生に求める課題や学習内容を記載するとともに、評価方法・評価基準についても明記している。また、成績評価については、厳正な評価を行うことを目的としてガイドラインを設けている。
なお、本学では、全学部を対象とした学修行動調査や授業アンケートなどを実施することにより、本学の教育の現状を定量的・定性的に把握し、学修の成果を測定する。

 



アドミッション・ポリシー (入学者受入れの方針)

本学科の学びの内容を理解し、次のような目的意識や意欲をもった学生を求める。

1. 演奏に必要な基礎的な読譜力および演奏技術を備えた学生
2. キリスト教とともに発展した西洋音楽への理解を深め、自身の演奏技術および表現力を高めるための努力を惜しまない学生
3. 演奏能力の向上だけではなく、総合的な教養を身に付けたいと考えている学生

 



入学者選抜においては、受験生が身に付けた力を幅広く評価することを目的として、次のような様々な入学試験を行っている。

1. 「一般入試」では、本学独自の入学試験によって、これまでに身に付けた音楽に関する知識や演奏技術・表現力、高等学校等での学習成果を評価する。 
2. 「センター利用入試」では、専門分野の演奏技術・表現力と合わせて、大学入試センター試験の成績を利用して高等学校等で身に付けた基礎的な学力も重視して評価する。 
3. 自己推薦型の入学試験「一般推薦(公募制)入試」では、演奏技術・表現力をみる専攻実技を重視するとともに、音楽に関する知識を問う筆記試験、自己推薦書に基づく面接試験を通して、受験生の学ぶ意欲と可能性を評価する。  
4. 「指定校推薦入試」は、推薦指定校としている各高等学校等に大学から推薦の条件を示し、書類および面接からこれまで高等学校等で身に付けた学力および演奏学科で学ぶ強い意欲があるかどうかを確認する。 
5. 上記のほか、「帰国生徒入試」、「社会人入試」、「留学生入試」、「編入学試験」では、実技課題で演奏技術・表現力や音楽性を評価するほか、面接・口述試験を通して、受験生のこれまでの様々な体験も含めて総合的に判定を行う。なお「編入学試験」では、音楽の基礎理論等に関する理解度も筆記試験で評価する。