演奏学科

演奏の学びを通じて社会に貢献できる人間を育てます
一人ひとりに手厚いサポートを行うことができるのは、少人数のフェリスならではの強みです

演奏学科は、音楽を志す者がめざす音楽家への夢、音楽への情熱を強力にバックアップするだけではなく、音楽の専門知識を学びながら、将来、音楽に関する起業、就職をめざす者へのカリキュラムも用意しています。
音楽の専門知識や演奏技術を身につけることはもちろんですが、音楽界を多様に支える人材を養成するには、それで十分とはいえません。演奏学科では演奏するための身体(からだ)づくりを見直し、音楽に必要不可決な要素を根幹からつくっていくための「からだエクササイズ」科目も充実させました。
また、西洋音楽の根幹であるキリスト教音楽の教養を身につけることができるのも本学の大きな特色です。カリキュラムは各自の目標にそった科目選択ができるので、演奏の専門性を高め国内外で幅広く活動したい方にも、卒業後、就職してからも生涯音楽とかかわっていきたい方にも最適な学びが用意されます。
少人数教育と教員の万全なサポートで、理想的な学びの環境を実現します。

  • 充実した個人レッスンとバラエティに富んだ小編成アンサンブルで学びます
  • 複数教員による多面的な指導を行います
  • 身体に着目したカリキュラムで美しさの基礎を身につけます
  • 選択自由度の高いカリキュラムで幅広い進路を実現します

人材養成目的

キリスト教を基盤とする西洋伝統音楽の本質と文化的・歴史的な背景に対する理解を深め、確かな演奏技術と豊かな表現力を修得させ、広く社会に貢献する多彩な人材を育成する。

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

西洋伝統音楽の本質と文化的・歴史的な背景に関する知識と教養、確かな演奏技術、豊かな表現力を身に付け、演奏及びそれを中心とした様々な音楽分野で社会に貢献できる能力をもつ者に「学士(音楽)」の学位を授与する。

カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

西洋伝統音楽に対する理解を深め、演奏技術と表現力の向上を図るための専門性の高い科目群と卒業後の将来を考えるための科目群によってカリキュラムを編成し、演奏及びそれを中心とした音楽活動に幅広く対応できる総合的な能力を養う。

アドミッション・ポリシー (入学者受入の方針)

本学科の教育理念を理解し、入学を志願する者に多様な入試制度を用意し、すべての入試で音楽実技を中心とした選抜を行う。もっている力を十分に発揮できるよう課題に配慮し、既に高い演奏能力をもつ者のみならず、将来その能力を発展させる可能性をもつ者をも受け入れる。