演奏学科

演奏会・コンサート

音楽学部は横浜の音楽文化の歩みと共にあります

演奏学科では山手の文化発信の重要な拠点のひとつであるフェリスホールや、神奈川県民ホールのステージなどで、プロの演奏家との共演の機会を用意しています。

ステージでの演奏機会が、数多くあります

基礎を身につける2年間の学びのまとめとしての2年次修了公開演奏会、4年間の総合的な成果を世に問う卒業公開演奏会のほかに、演奏学科の学生が出演できる演奏会が多くあります。

【演奏会の例】

  • 室内楽の夕べ※
  • オーケストラ協演の夕べ※
  • 卒業記念演奏会※
  • 「クリスマスコンサート」
  • 管弦アンサンブル定期演奏会
  • 学内公開演奏会
  • 秋のコンサート
  • 山手芸術祭
  • その他学科・学部主催の各種演奏会
  • このほか、近年では外部からの演奏依頼も多く、多くの学生が積極的に学外での演奏活動を行っています。
※は出演者をオーディションによって決定するものです。

演奏の能力をさらに高めるためのプログラムもあります

実技試験で優秀な成績を修めた学生は、通常の実技レッスン以外に「演奏アドヴァンスト」として希望する複数の教員から実技レッスンを受け、「フェリスプレーヤーズ・オン・ステージ」において成果を問うことができます。

質の高い演奏や解釈に触れる機会を用意しています

  • フェリスコンサート 
    楽しみながら本物の音楽に触れる機会としてのフェリスコンサート。第一線の演奏家でもある本学教員が舞台に立つほか、国内外で活躍する演奏家との共演もあります。そのほかにも、パイプオルガンコンサート、音楽芸術学科プロデュースによるコンサートなども活発に行われています。
  • 特別公開講座
    著名な音楽家を招いての公開レッスンやレクチャーが定期的に行われています。
  • 客員教授特別講座
    隔年に招かれる海外からの客員教授との学習は、音楽のみならず文化の交流によって多くの学生に刺激を与えるものです。

演奏旅行

  • 海外演奏旅行
    2006年、本学の協定校でもあるアメリカ・ミシガン州のホープカレッジでのコンサートを実施しました。音楽を通しての交流のみならず、ホームステイなどの異文化交流も行い、とても充実した旅行となりました。また、2014年には中国において演奏会を行いました。
  • 国内演奏会
    音楽学部同窓会(Fグループ)の協力により、これまで博多・小倉(福岡)、名古屋(愛知)、旭川(北海道)で演奏会を行いました。今後も横浜を拠点としながら、日本各地にフェリス生の演奏が届けられるよう準備していきます。