よくあるご質問

  • 入試
  • 外国語教育
    海外交流
  • カリキュラム
  • 学生生活
  • 推薦入試:全学部共通

    どのような推薦入試制度がありますか。
    文学部、国際交流学部では、「秋期特別入試」という自己推薦入試を行います。音楽学部では、「一般推薦(公募制)入試」を行います。全学部・学科とも「AO入試」は実施しません。また、フェリス女学院大学が指定した高等学校から推薦された受験生を対象とした「指定校推薦入試」制度もあります。
    推薦入試で不合格だった場合、一般入試など他の入試を受験することはできるのですか。その際、不利になるのでしょうか。
    推薦入試で不合格だった場合でも、他の入試を受験することはできます。また、それぞれ合否の基準がまったく異なりますので、有利不利は発生しません。再チャレンジする受験生は多いですし、実際合格する方も多くいます。

    推薦入試:秋期特別入試(文学部・国際交流学部)

    「秋期特別入試」とはどのような入試ですか。
    「秋期特別入試」は、受験生のみなさんの日頃の学習成果を重視した、基礎的な力をみる入試です。 文学部では、60分間の「基礎力調査」、グループ面接、高等学校での成績(全体の評定平均値)を判定の対象とする試験を行います。
    国際交流学部では、学部の教員による50分間の模擬授業を受けた後、60分間で授業に関するレポートを作成します。また、グループ面接を行います。
    「秋期特別入試」に出願するには条件がありますか。
    特にありません。
    「高等学校長の推薦」「特技」「資格」などの出願基準は設けていません。
    文学部・国際交流学部に関心のある方なら誰でもチャレンジすることができます。
    英語英米文学科の「秋期特別入試」の面接では、英語での質問がされますか。
    一部英語による質疑応答がされます。簡単な日常会話程度の内容です。英検準2級程度のレベルです。
    「秋期特別入試」で合格した場合、入学辞退はできますか。
    入学辞退が可能です。
    文学部と国際交流学部の秋期特別入試では、特にフェリス女学院大学を専願とすることを出願の条件としてはいません。

    推薦入試:指定校推薦入試

    自分の学校は指定校なのでしょうか。
    指定校には、大学から推薦依頼状を送付します。在学している学校で、推薦枠(学科や人数)を確認してください。

    一般入試

    一般入試にはどのような種類の試験がありますか?
    文学部・国際交流学部では、一般入試で受験の機会が3回あります。
    2月上旬の「A日程」は2科目型と3科目型の試験、2月中旬に実施される「B日程」は2科目型の試験、3月上旬の「3月期」は1科目型の試験です。
    音楽学部は、2月上旬の「A日程」と3月上旬の「3月期」の2回です。
    一般入試の英語リスニングテストはどのような準備をしておけばよいでしょうか。
    英検準2級程度のレベルの問題です。
    標準的な問題ですので、特に難しいということはありません。日頃からナチュラルスピードの英語を聞くように心掛け、英語の聞き取りに慣れておいてください。
    ※リスニングテストは、文学部英語英米文学科とコミュニケーション学科(A日程)(英語重視型)で必須です。国際交流学部は、リスニングテストと筆記の選択問題を設定しています。
    一般入試に足切りはありますか。一般入試の合格ボーダーはどの程度ですか。
    一般入試に足切りはありません。
    「一般入試(A日程)」の合格ボーダーは、ここ数年は6割程度となっています。倍率については、学科により異なります。昨年度の合格者最低点は「2016年度入試データ」に記載がありますので参考にしてください。

    音楽学部入試全般

    音楽芸術学科と演奏学科は併願できますか。
    試験日が重なる場合、併願はできません。ただし、一般入試(A日程)及びセンター利用入試については、併願できます。
    演奏学科の一般入試A日程と演奏学科のセンター利用入試は併願することができますか。
    併願できます。また、センター利用入試と一般入試(A日程)で同一の専攻・楽器に志願する場合、専攻実技は1回のみ受験することになります。
    音楽芸術学科の入試では、どの程度音楽の知識が求められるのでしょうか。
    入試の段階では、実技試験や楽典・聴音の試験がありませんので、音楽に関する専門的な知識や技術に関する準備は特に必要としません。
    入学後は、音楽史や和声、ソルフェージュなどの音楽の専門領域について導入から学ぶことになります。
    入試の実技レベルや、聴音・楽典の試験が心配です。
    毎年夏と冬にフェリス女学院大学で行う音楽講習会、全国各地で行う特別音楽講習会を受講することをお勧めします。本学教員が実技レッスンを行い、今後の対策などについてアドバイスします。また、夏と冬にフェリス女学院大学で行う音楽講習会では、聴音・楽典についても講義と模擬試験を行います。
    演奏学科の各専攻・楽器の人数配分はどうなりますか。
    各専攻・楽器で定員は設けていません。
    音楽学部の「一般推薦(公募制)入試」の出願資格を教えてください。
    「高等学校長の推薦」「評定平均値」などの出願基準はありません。「フェリスの音楽学部を専願とし、音楽に対し十分な意欲を有する女子。」としています。
    「フェリスで学びたい!」その気持ちが出願資格です。
    「一般推薦(公募制)入試」で合格した場合、入学辞退はできますか。
    フェリス女学院大学を専願としている方の受験に限っていますので入学辞退はできません。

    大学入試センター試験利用入試

    「大学入試センター試験利用入試」の概要をおしえてください。
    すべての学科で大学入試センター試験利用入試を導入しています。
    音楽学部演奏学科以外の学科では「大学入試センター試験」の成績のみ利用して合否判定を行い、フェリス女学院大学独自の試験は実施しません。
    演奏学科では個別学力試験として実技課題(専攻実技のみ)を受験する必要があります。
    「大学入試センター試験利用入試」はその他の入試とどのような違いがありますか。
    一般入試などではできない複数の学科への併願が(最高6学科を併願)できます。
    たとえば、一般入試などでは文学部内の3学科を併願することはできませんが、「大学入試センター試験利用入試」ではそれが可能となります。
    「大学入試センター試験利用入試」と「一般入試」を併願した場合、「一般入試」で有利になるのでしょうか。
    有利・不利はありません。

    入学検定料(受験料)

    入学検定料(受験料)の減額制度はありますか。
    本学の入学検定料(受験料)は以下のとおりです。同時出願により次のような減額制度があります。詳しくは、学生募集要項でご確認ください。
    文学部、国際交流学部、音楽学部音楽芸術学科(センター利用入試以外) 35,000円
    音楽学部演奏学科(センター利用入試以外) 45,000円
    文学部、国際交流学部、音楽学部のセンター利用試験 15,000円
    • 「一般入試(A日程)【2科目型】」、「一般入試(A日程)【3科目型】」の検定料は、単独で受験する場合はそれぞれ35,000円ですが、同一学科内で併願する場合は、2つめの検定料は15,000円となります。
      「一般入試(A日程)【2科目型】」+「一般入試(A日程)【3科目型】」→50,000円
    • 「一般入試(A日程)」と「大学入試センター試験利用入試(前期)」を同一学科に同時出願する場合と、「一般入試(3月期)」と「大学入試センター試験利用入試(後期)」を同一学科に同時出願する場合は、「大学入試センター試験利用入試」の受験料は5,000円減額となります。
    • 「一般入試(A日程)」音楽学部出願の場合、演奏学科の1専攻・楽器の検定料は45,000円ですが、2専攻・楽器に同時に出願すると、55,000円となります。
    • 「一般入試(A日程)」で音楽芸術学科と演奏学科を併願する場合は、10,000円を減額し70,000円となります。
    • 「一般入試(A日程)」と「一般入試(3月期)」それぞれの入試で複数学部を併願した場合、10,000円を減額します。
  • 「外国語に強いフェリス」の取り組みとして特徴的なものは何ですか。
    「英語インテンシブ・コース」です。これは、18名程度を基本単位とした習熟度別クラス編成で行う語学集中コースです。このコースは週4回~6回授業を開講し、TOEFL iBT79-80(PBT550)点以上を目標に、高度な英語運用能力を養成します。
    また、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、朝鮮語の集中プログラムも充実しており、「初習外国語インテンシブ・コース」では、大学で初めて習う言語を、将来の仕事や研究などにも生かせる本格的なレベルまで育成します。
    英語が苦手なのですが、フェリスの英語の授業についていけるでしょうか。
    フェリスには多くの語学コースが開設されています。
    英語にウェイトを置いたもの、初習外国語(フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、朝鮮語)にウェイトを置いたもの、また、語学以外の授業に力を入れるために、語学の修得単位数を抑えたコースも設定されています。自分の興味や関心に合わせてコース選択ができるようになっていますので、英語が不得意でも心配ありません。
    また、英語の授業はすべてのクラスが習熟度別に編成され、レベルに応じた授業が実施されています。
    どのような留学制度がありますか。
    「交換留学制度」をはじめとした長期留学制度のほか、「海外現地実習」、「海外語学実習」などといった短期集中型の留学制度などもあります。また、日本語教員養成講座では海外での「日本語教育実習」を実施しているほか、海外の企業で研修を行う「海外インターンシップ制度」もあります。これまでアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、中国、シンガポール、ニュージーランドなど世界各国で実施してきました。このように目的に応じさまざまなプログラムを用意しており、毎年約150名の学生が有効活用しています。
    キャンパスにはどのくらい留学生がいるのですか。
    海外からも多くの留学生を受け入れています(2016年4月現在18名)。
    教室内や海外交流ラウンジなどさまざまな場面で、日常的にキャンパス内でも国際交流が行われています。 日本人学生と留学生との交流を深めることを目的に、「留学生会」という制度があり、さまざまな活動を行っています。
  • 英語英米文学科と国際交流学科の違いは何ですか。
    英語英米文学科は、英語圏の文学、芸術、文化、社会を様々な角度から考察する科目を網羅し、同時に、社会で通用する英語運用能力の習得に力を入れています。
    英語インテンシブ・コースなど、充実した英語の語学コースのほか、専門科目でも英語で行う授業を多彩に用意しています。また、英語英米文学科独自の留学制度「セメスター・アブロード」を実施しています。

    国際交流学科は、社会科学系の科目を中心に、英語圏に限らず、東アジア、南アジアやヨーロッパ、ラテンアメリカなど幅広い地域研究を行っています。
    語学についても、初習外国語インテンシブ・コースを履修し、留学する学生も多数います。また、環境問題や民族問題、南北問題など国境を超えたグローバルな問題を扱っているのも大きな特徴です。
    外国語、地域社会、社会科学など、各人の履修のしかたによってさまざまな分野に重点を置くことができます。
    コミュニケーション学科とはどんな学科ですか。
    この学科では「多文化理解」「共生コミュニケーション」「表現とメディア」の三つの領域を大きなテーマとして掲げています。この視点をもとに多文化社会化、国際化、情報化著しい現代社会を様々な角度から検証する点が大きな特徴です。また、検証するだけでなく、メディアリテラシ-の習得にも力をいれ、自ら情報発信できる人材を養成します。
    社会調査士の資格取得が可能な学科です。
    音楽芸術学科とはどんな学科ですか。
    音楽の基礎理論やクラシック音楽のほか、「音楽ジャーナリズム」「マルチメディア著作権ビジネス」「アート・マネージメント」などの授業や、コンピュータによるDTM、Webデザイン、音楽ネット配信など、IT化の進む音楽文化に即応するための授業も多数開講しています。
    ポピュラー音楽、民族音楽、日本伝統音楽など、音楽をボーダレスに学べる授業も多彩に用意しています。
    他学部や他学科の授業も履修できますか。
    フェリスでは専門科目の多くを他学部・他学科の学生に開放しています。
    選択科目の幅を広げ、専門科目の多くを他学部・他学科の科目から履修できるカリキュラムとしています。
    これにより自分の興味や関心に応じてカリキュラムを設計することができます。
  • キャンパスの場所はどこですか。
    緑園キャンパス山手キャンパスがあります。
    緑園キャンパスでは文学部・国際交流学部1~4年次、音楽学部1・2年次が学んでいます。山手キャンパスでは音楽学部3・4年次が学んでいます。
    学納金について知りたいのですが。
    学納金についてはこちらをご覧ください。
    奨学金について知りたいのですが。
    奨学金についてはこちらをご覧ください。
    一人暮らしの学生はどのくらいいるのですか。また、どのあたりに住んでいる人が多いでしょうか。
    約35%の在学生が一人暮らしをしています。
    学生課では学外の学生会館や提携の不動産会社等を紹介しています。月額室料は5万~7万円台が多く、通学時間は30分から1時間以内の相鉄線沿線に住む学生が多いようです。音楽学部の学生も防音設備が整った音大生専用マンションに住む学生が多いようです。
    大学では学生支援センターを設置し、健康だけでなく生活面や精神面での相談も受け付ける学生相談室も併設して一人暮らしの学生を支援しています。
    「少人数教育」を特徴としていますが、具体的にはどのような取り組みをしているのですか。
    全授業のうち約7割の授業が受講者30人未満となっています。双方向性を重視した少人数教育を実践し、プレゼンテーションやディスカッションなど学生の主体的な参加を重んじる授業も多く開講されています。
    また、教員が学生一人ひとりと面接し、学習指導を行うアカデミック・アドバイザー制度や、成績評価をポイント化して平均値を示すGPA制度を採用しており、個々の学生の学習の意欲と質を高めるサポートを行っています。
フェリス女学院大学 入試課
〒245-8650 横浜市泉区緑園4-5-3
TEL:045-812-9183  FAX:045-812-9529
場所:緑園キャンパス1号館1階
開室時間:平日 9:00~18:00