奨学会

  • 奨学会について
  • 活動レポート
  • 事業計画・事業報告
    • 「奨学会」は、学部在学生の父母等保証人で組織されており、その目的は、「大学と家庭との連携を密にして意思の疎通を図り、大学の教育・研究に必要な事業を援助する」ということです。
      上記のような目的において、立候補や推薦された委員が常任委員会を組織しています。
      学生達のために、"私たち父母等保証人ができること"をいつも基本に考えながら、父母達に大学を身近に感じていただけるようにと願って活動しています。

      会長挨拶

      はじめまして。 今年、会長を務めさせて頂きます土屋と申します。学生達のため、学院のためにフェリスの教育理念であります「For Others」の精神で頑張りたいと思っております。
      皆様、この一年間、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

      さて、フェリス女学院は2020年に創立150周年を迎えます。記念すべき東京オリンピックの年に創立150周年を迎えることになります。

      土屋 京美
      奨学会会長
      土屋 京美

      そのため、今から2020年に向けてより一層、大学と家庭との連携を密にして意思の疎通を図り大学の教育研究に必要な事業を援助していかなければなりません。
      私達、奨学会は微力ながらも150周年に向けての寄付や大学祭のバザーに参加させて頂き新企画の試みや講演会を計画し、学院に少しでも貢献できるように努めて参りたいと思います。
      また、昨年は「教育・環境支援事業」として、レインカット(傘のしずく落とし)4台、食券販売機2台を大学に寄贈致しました。
      今年度も学生達の大学生活に役に立てる教育・環境支援を考え、検討していく予定です。

      メアリー・E.キダー女史が1870年にキリスト教信仰に基づく女子教育を通じて自立した近代的女性の育成に努めてきたことを受け、人に優しく自分に厳しく、女性が現代社会で生きていく強さ、自分の道を切り拓いて行く逞しさ、生き抜く力を学生達が身に付けていけるように、私達、奨学会もサポートしていければと思っております。

      私は、この奨学会を秋岡学長はじめ、諸先生方、教職員の皆様のご協力の下、和気あいあいとした会にしたいと思いますので、皆様、何卒、ご理解とご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

      規約

      フェリス女学院大学奨学会規約

      お問い合わせ先

      奨学会事務局
      〒245-8650
      横浜市泉区緑園4-5-3 フェリス女学院大学総務課内
      TEL:045-812-8211
  • 2017年 常任委員会だより

    + すべてを開く

    2017年度定時総会及び教職員父母等保証人懇談会のご報告
    今年度も定時総会の前に、大学企画のチャペル・サーヴィス及びミニ・コンサートが緑園キャンパスのチャペルにおいて開催されました。

    チャペル・サーヴィスでは、讃美歌21 6番 「つくりぬしを賛美します」 および讃美歌21 494番 「ガラリヤの風」をご出席の皆様と歌い、秋岡陽学長による聖書の朗読と説教~創立150周年に向けて:フェリス女学院と「For Others」~を頂きました。 その中で、フェリス女学院建学の精神とキリスト教育に基づく女子教育の奥深さを改めて教えて頂きました。 そして「For Others」は、他者のためにとの意味のみならず、他者と共に(共生)であること、学生の時は「一人で生きていける」と思うが、様々な人生経験を通してそうではないことに気づく、との感慨深いお言葉を頂きました。

    ミニ・コンサートでは演奏学科の学生によるピアノ演奏「F.リスト:バラード第2番」、フルート2本とピアノ演奏「G.フォーレ:組曲ドリー 子守唄」「F.ドップラー:アンダンテとロンド」が行われました。優しく心地良い音色に癒された方も多かったのではないでしょうか。

    チャペル・サーヴィス及びミニ・コンサート終了後は会場を移動し、同じく緑園キャンパスのキダーホールにおいて奨学会定時総会が開催され、丸山会長挨拶、奨学会顧問等紹介、議長選出の後、議案審議に入りました。
    第1号議案「2017年度新常任委員選任について」、第2号議案「2016年度事業報告について」、第3号議案「2016年度収支決算報告について」、第4号議案「2017年度事業計画(案)について」、第5号議案「2017年度収支予算(案)について」、第6号議案「奨学会規約の関連規程の一部改正について」は全て承認されました。その後、「2017年度役員および専門部会部会長について」「スポーツボランティア研修」の報告事項があり、最後に奨学会寄贈目録が奨学会会長から学長へ贈呈され、閉会となりました。

    定時総会終了後は、「留学と国際交流」と「就職支援」についての説明会が開催され、「留学と国際交流」について国際交流学部 寺尾隆吉教授がお話して下さいました。フェリス女学院大学はアジア・北米・ヨーロッパ11か国17大学と協定を結び、短・長期あわせて184名の留学生を送り出しています(2016年度実績)。184名はフェリス女学院大学全体の7%であり、国際学部を抱える大学としては少なめの数値とのこと。準備講座や奨学金制度など、様々な形で留学をサポートしているので、各ご家庭でも積極的に検討してほしい。語学力を高め、多様な文化と価値観に触れ、グローバル人材として社会で活躍できる人になってほしいとのことです。
    協定校は首都にはないので、100%ではありませんが比較的安全と言えそうです。

    「就職支援」は副学長の谷知子教授がお話して下さいました。フェリス女学院大学は、きめ細やかな就職支援により卒業生全員の進路を把握していますが、この実績は他の大学にはないものだと思われます。 
    フェリスの就職支援は〈コミュニケーション力〉〈チャレンジ精神〉〈主体性〉の学びと育成に重点をおき、脱スマホ・脱ネット~情報にまどわされることなく自分の力で生きていく~を大切にキャリア形成支援を行っています。フェリスでの学びを武器にして、視野を広く持ち、自分の適性を見極めた進路を見つけてほしいとのことでした。

    最後に秋岡学長から、フェリス女学院大学のリベラル・アーツ教育の拠点となる全学教養教育機構(CLA)についてお話がありました。自由人としての素養を取り戻すリベラル・アーツ教育は、多くの他大学も取り入れています。考える力・生きる力を体系的に自由に学ぶ場として、今春完成したCLA棟を積極的に利用してほしいとのことでした。

    定時総会及び説明会終了後は、学生食堂アンデレにおいて、奨学会主催の「教職員・父母等保証人懇談会」が催されました。立食形式で学部学科ごとにテーブルを囲み、秋岡学長はじめ教職員と保証人の皆さんが、親しく和やかにお話されていました。大学側と保証人との距離が近く、アットホームな雰囲気に、安心された保証人の方も多かったと思います。総会の受付・案内をして下さった学友会の紹介もあり、率先してお手伝い下さる学生の皆さんへ教職員・保証人一同で拍手をもってお礼の気持ちを伝えました。

    懇談会終了後は恒例のキャンパス・ツアーがありました。梅雨の時期の晴れ間で暑い一日でしたが、多くの保証人の方々が、学生の案内で緑園キャンパスの校内散歩を楽しまれていました。素敵な一日となりました。

    2016年度定時総会及び教職員父母等保証人懇談会のご報告
    今年は定時総会の前に、大学企画によるチャペル・サーヴィス及びミニ・コンサートが緑園キャンパスのチャペルで開催されました。
    始めに秋岡陽学長によるチャペル・サーヴィスが開かれました。「学院創立150周年にむけて:フェリス女学院とキリスト教」というテーマで説教をしていただきました。その中で、フェリスの校章の意味を改めて教えていただきました。盾の形の中にFとSがデザインされ、盾は信仰の力、白・黄・赤の三色はそれぞれ信仰・希望・愛を表しているそうです。何気なく見ていた校章にそんな意味が込められているとは。皆さんご存知でしたか?

    続いてミニ・コンサートプログラムⅠでは、テノールの蔵田雅之教授とピアノ演奏鈴木彩音さんによる、4曲が演奏されました。蔵田教授の美しいテノールとピアノのハーモニーにたくさんの方が心を震わせたことと思います。 プログラムⅡでは、堀由紀子教授によるピアノ独奏にてショパンが演奏されました。「ピアノの詩人」と言われているショパンの楽曲を、堀教授の豊かな演奏で、皆さん目を伏せて聴き入っていました。

    チャペル・サーヴィス及びミニ・コンサート終了後会場を移動し、2016年6月18日(土)フェリス女学院大学緑園キャンパス内キダーホールにて奨学会定時総会が開催されました。
    総会では、奨学会顧問紹介の後、議案審議が行われ、第1号議案 「2015年度事業報告について」、第2号議案「2015年度収支決算報告について」、第3号議案「新常任委員選任について」、第4号議案「2016年度事業計画(案)について」、第5号議案「2016年度収支予算(案)について」は、すべて提案どおり承認されました。その後、「2016年度役員及び専門部会部会長について」報告がなされ、奨学会寄贈目録が奨学会長から学長へ贈呈されました。

    定時総会終了後は、フェリスの「留学支援」と「就職支援」について、説明会が行われました。「留学支援」では、海外交流部長の寺尾隆吉教授にお話しいただきました。フェリスではアジア、アメリカ、ヨーロッパにある18の協定校へ、毎年短期・長期あわせて 150名程度の学生を派遣しています。
    海外交流課では、多様な文化と価値観を理解して国際社会で活躍できるグローバルな人間を育成するために、準備講座や奨学金制度などさまざまな形で留学をサポートしています。留学を検討している学生一人ひとりの目的に合わせて、個別相談にも対応しているとのことです。

    「就職支援」では、キャリア教育・全学教育担当副学長の谷知子教授にお話しいただきました。2015年度の就職状況や特色についての報告や就職支援の内容を紹介していただきました。毎年変化する就職状況に対応し充実した講座やセミナー、個別就職相談体制をとることできめ細やかな支援体制がとられています。フェリスでは、社会において求められる「コミュニケーション能力」「チャレンジ精神」「主体性を養う力」を身につけられるような、キャリア形成支援を行っています。フェリスでの学びを生かして、視野を広く持ち、自分の持ち味を生かした進路を見つけて欲しいとのことです。
    秋岡学長からは、フェリス女学院大学のリベラル・アーツ教育の拠点となる全学教養教育機構(CLA)についてお話がありました。4年後の創立150周年を迎えるにあたって、記念事業の一つとなります。フェリスの歴史が一目で分かるような資料を展示するウェルカムセンターの新設や、国際交流活動の活性化を支援する国際センター(仮)などが開設されます。フェリス女学院大学校舎が当時のアメリカの方々の寄付で建てられ、近代的女子養育が始まったように、CLA棟も皆で支え合い次の150年に繋げたいとおっしゃっていました。

    定時総会及び説明会の終了後は学生食堂アンデレに会場を移し、奨学会主催の「教職員・父母等保証人懇談会」が開かれました。立食形式で軽食を取りながら学科ごとにテーブルを囲み、秋岡学長をはじめとした教職員の方々と保証人の皆さんが、学年や学科を越えて親しく和やかにお話になっていました。また、本日の総会の受付・案内を手伝ってくれた学友会の学生の紹介があり、行事に率先して参加してくれていることに嬉しく感じました。今年も例年同様に多くの方が参加され、保証人の皆さんの大学の施設や教育への関心の高さを感じることが出来ました。特に留学について、教職員の方々や留学を経験した3・4年生の保証人の方々に1・2年生の父兄の方が熱心に質問されている様子が見受けられました。

    懇談会終了後には恒例のキャンパスツアーがあり、梅雨の時期にもかかわらず雲ひとつ無く晴れ渡った青空の下、多くの方々が学友会の学生の先導で緑園の学校散策を満喫されていました。

  • 事業計画

    + すべてを開く

    2017年度事業計画

    2017年

    4月

    ・「入学式」終了後、奨学会会長による「奨学会紹介」と挨拶
    ・2016年度収支決算会計監査
    ・奨学会顧問(教員)の委嘱

    5月

    ・新入生奨学会会員に対し常任委員(11名)委嘱
    ・第1回常任委員会開催
    ・定時総会案内状発送
    ・「2017年度奨学会会員のためのフェリス・ガイドブック」会員へ発送
     及び「奨学会報第35号」新入生会員へ発送

    6月

    ・第2回常任委員会及び定時総会開催
    ・教職員・父母等保証人懇談会、学生・教員による学科別キャンパスツアー

    7月

    ・公認団体(クラブ)援助金授与式

    9月

    ・就職課との共催講演会「父母等保証人向け就職セミナー」開催
    ・第3回常任委員会開催、大学教職員と常任委員との懇親会開催
    ・9月卒業生へ卒業記念品・コサージュ贈呈
    ・大学祭援助金の支給
    ・「キャリア実習(海外インターンシップ)」奨励金の支給

    11月

    ・大学祭参加企画「バザー」「主催講演会」を開催予定

    12月

    ・奨学会報校正
    ・フェリス文芸賞「評論・エッセイ部門」「English Writing部門」
     「留学生日本語エッセイ部門」授賞式

    2018年

    1月

    ・第4回常任委員会開催
    ・「奨学会報第36号」発行及び会員宛発送

    2月

    ・公認団体(クラブ)活動奨励金の授与(~3月)

    3月

    ・2017年度学位授与式での卒業記念献金活動及び送付
    ・卒業生へ卒業記念品・コサージュ贈呈
    ・奨学会学業成績優秀者給付奨学金、自己研鑽給付奨学金授与式
    ・「キャリア実習(海外インターンシップ)」奨励金の支給

    2016年度事業計画

    2016年

    4月

    ・「入学式」終了後、奨学会会長による「奨学会紹介」と挨拶
    ・第2回教育・環境支援事業委員会開催
    ・収支決算会計監査

    5月

    ・新入生奨学会会員に対し常任委員(11名)委嘱
    ・奨学会顧問(教員)の委嘱
    ・第1回常任委員会開催
    ・総会案内状発送
    ・「奨学会会員のためのフェリス・ガイドブック」会員へ発送
     及び「奨学会報第34号」新入生会員へ発送

    6月

    ・第2回常任委員会及び定時総会開催
    ・教職員・父母等保証人懇談会、学生・教員によるキャンパスツアー

    7月

    ・公認団体(クラブ)援助金授与式

    9月

    ・就職課との共催講演会「父母等保証人向け就職セミナー」開催
    ・第3回常任委員会開催、大学教職員と常任委員との懇親会開催
    ・9月卒業生へ卒業記念品・コサージュ贈呈
    ・大学祭援助金の支給
    ・「キャリア実習(海外インターンシップ)」奨励金の支給

    11月

    ・大学祭参加企画「バザー」「主催講演会」を開催予定
    ・奨学会報校正(~12月)

    2017年

    1月

    ・第4回常任委員会開催
    ・「奨学会報第35号」発行及び会員宛発送
    ・フェリス文芸大賞「評論・エッセイ部門」「English Writing部門」
     「留学生日本語エッセイ部門」授賞式

    2月

    ・公認団体(クラブ)活動奨励金の授与(~3月)

    3月

    ・2016年度学位授与式での卒業記念献金活動及び送付
    ・卒業生へ卒業記念品・コサージュ贈呈
    ・奨学会学業成績優秀者給付奨学金、自己研鑽給付奨学金授与式
    ・「キャリア実習(海外インターンシップ)」奨励金の支給

    事業報告

    + すべてを開く

    2016年度事業報告

    2016年

    4月1日

    ・「入学式」終了後、奨学会会員への会長挨拶と「奨学会紹介」
    ・第2回教育・環境支援事業委員会開催

    4月15日

    ・2015年度収支決算会計監査

    4月18日

    ・奨学会顧問の委嘱
     (文学部長・音楽学部長・国際交流学部長・学生部長)

    5月7日

    ・第1回常任委員会開催(於:緑園キャンパス)
     決算・事業報告、予算案・事業計画の立案、奨学会定時総会企画審議
    ・「奨学会報第34号」「2016年度奨学会会員のためのフェリス・ガイドブック」
     奨学会会員へ発送
    ・総会案内状発送・総会事前準備打合せ

    5月18日

    ・新入生常任委員(11名)委嘱

    6月18日

    ・第2回常任委員会及び奨学会定時総会開催(於:緑園キャンパス)
     新常任委員候補者選出、審議
     教職員・父母等保証人懇談会同時開催

    7月14日

    ・公認団体(クラブ)援助金授与式(14団体)

    7月21日

    ・熊本地震見舞金対応

    7月28日

    ・事務部へ次年度予算要求依頼

    9月10日

    ・就職課との共催講演会「父母等保証人向け就職セミナー」開催

    9月24日

    ・第3回常任委員会開催(於:山手キャンパス)
     予算案、会報内容の検討及び大学祭参加の企画審議
    ・大学教職員との懇親会開催(於:Rose Hotel 横浜)

    9月

    ・教育・環境支援整備品購入(レインカット:傘のしずくおとし、食券販売機)

    9月28日

    ・9月学位授与式にて卒業生へ卒業記念品・コサージュ贈呈

    10月7日

    ・「奨学会報35号」原稿作成依頼

    10月27日

    ・大学祭援助金の支給

    10月29日

    ・バザー商品値付け

    11月5日
    11月6日

    ・大学祭参加「奨学会バザー」
    ・大学祭企画「奨学会主催講演会」
     『フェリス スポーツサミット~トップアスリートに学ぶ、世界を目指す方法~』

    12月3日

    ・「奨学会報35号」原稿校正

    2017年

    1月11日

    ・フェリス文芸大賞「評論・エッセイ部門」「English Writing部門」「留学生日本語エッセイ部門」授賞式

    1月28日

    ・第4回常任委員会開催(於:緑園キャンパス)
     次年度役員及び専門部会長候補者について
    ・「奨学会報第35号」発行及び会員宛発送

    3月24日

    ・卒業記念献金活動
    ・学位授与式にて卒業生へ卒業記念品・コサージュ贈呈
    ・奨学会学業成績優秀者及び自己研鑽給付奨学金授与式

    3月末日

    ・公認団体(クラブ)活動奨励金授与(8団体)

    2015年度事業報告

    2015年

    4月1日

    ・「入学式」終了後、奨学会会員への会長挨拶と「奨学会紹介」

    4月7日

    ・奨学会顧問の委嘱(文学部長・音楽学部長・国際交流学部長・学生部長)

    4月15日

    ・2014年度収支決算会計監査

    5月9日

    ・臨時常任委員会開催(於:緑園キャンパス)
    ・「奨学会報第33号」「新入生奨学会会員のためのフェリス・ガイドブック」新入生会員へ発送
    ・総会案内状発送・総会事前準備打合せ

    5月20日

    ・新入生常任委員(11名)委嘱

    6月20日

    ・第1回常任委員会及び定時総会開催(於:緑園キャンパス)教職員・父母等保証人懇談会同時開催

    7月21日

    ・公認団体(クラブ)援助金授与式

    7月28日

    ・事務部へ次年度予算要求依頼

    9月12日

    ・就職課との共催講演会「父母等保証人向け就職セミナー」開催

    9月26日

    ・第2回常任委員会開催(於:山手キャンパス)予算案、会報内容の検討及び大学祭参加の企画審議
    ・大学教職員との懇親会開催(於:Rose Hotel 横浜)

    9月30日

    ・9月卒業生へ卒業記念品・コサージュ贈呈

    10月1日

    ・大学祭援助金の支給

    10月14日

    ・「奨学会報34号」原稿作成依頼

    10月24日

    ・バザー商品値付け

    10月31日
    11月1日

    ・大学祭参加「奨学会バザー」
    ・大学祭企画「奨学会主催コンサート」『土屋広次郎教授によるエデュテインメントコンサート~歌声コンサート~』

    11月28日

    ・「奨学会報34号」原稿校正

    2016年

    1月13日

    ・フェリス文芸大賞「評論・エッセイ部門」「English Writing部門」「留学生日本語エッセイ部門」授賞式

    1月23日

    ・第3回常任委員会開催(於:緑園キャンパス) ・「奨学会報第34号」発行及び会員宛発送

    3月18日

    ・卒業記念献金活動及び送付
    ・卒業生へ卒業記念品・コサージュ贈呈
    ・奨学会学業成績優秀者及び自己研鑽給付奨学金授与式
    ・第1回教育・環境支援事業委員会開催

    3月31日

    ・公認団体(クラブ)活動奨励金授与