映画『波乗りオフィスへようこそ』で、本学学生のインターンシップ&現地実習の様子がモデルとして取り上げられました

『波乗りオフィスへようこそ』
https://naminori-office.com/

監 督:明石知幸
原 案:吉田基晴
脚 本:明石知幸
製作年:2019年
配 給:マジックアワー

≪春木良且教授のコメント≫
東京から、故郷の徳島にオフィス移転を行ったIT企業社長(吉田基晴氏)の実話をもとに、地方創生と地方の実態を描いた映画『波乗りオフィスへようこそ』で、本学国際交流学部春木ゼミの学生の、徳島県海部郡でのインターンシップ&現地実習の様子が、取り上げられました。
2015年から同社長のご縁で、インターンシップと現地実習で徳島県海部郡、美波町、海陽町に訪れていた学生たちの活動などが、劇中でストーリー化されました。劇中では、「東京女学院大学」となっています。
卒業論文に同地の漁業や、過疎地域、限界集落などを取り上げた学生もおり、現地の人との交流や学びの様子が、生き生きと描かれています。2019年4月19日から有楽町スバル座にて公開します。