この記事の執筆は ”環境”です

インスタグラムによる「#横浜農場キャンペーン」に協力

本学公認の環境団体エコキャンパス研究会が、若者の視点から横浜の地産地消の現場(生産者、直売所、レストラン等)を発信する企画を横浜市環境創造局農業振興課と連携して進めています。北仲マルシェ(毎月第3土日開催)、農家の横山拓巳様と小山晃一様、地産地消レストランでは「ど根性キッチン」と「トラットリア・バジル」などに学生が記者として取材しました。どちらの現場でも、こだわりの食材やおいしいメニューが満載でした。

この記事が同局農業振興課インスタグラムと併せて特設ホームページにも掲載されています。

インスタグラム :https://www.instagram.com/yokohama_farm_official/
特設ホームページ:http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/nousan/yokohamafarm/campaign.html

この活動も一つの契機となり、本学と横浜市環境創造局が人材の育成、学術研究の向上、地域の活性化、および環境への配慮や都市農業の振興に貢献することを目的とする連携協定を2018年12月に結びました。来年度に向けて新しいプロジェクトを模索していこうとメンバー一同、意気込んでいます。

国際交流学部教授 佐藤 輝