この記事の執筆は ”学生課”です

スポーツチャンバラ翔剣会が世界選手権大会に出場しました

スポーツチャンバラ翔剣会は本学の公認団体です。今回は、主将の田中瑞華さん(英語英米文学科2年)に先日出場した「第43回スポーツチャンバラ世界選手権大会」の様子を報告していただきます。


私たちスポーツチャンバラ翔剣会は2017年度に設立した新しい公認団体です。設立から2年ほどですが、日々の練習はとても活発で、その成果を大会でも発揮しています。

2018年12月9日に世界各国から選手が集まり、「第43回スポーツチャンバラ世界選手権大会」が武蔵野森総合スポーツプラザにて行われました。この大会で部員2名が上位入賞を果たしました。

文学部英語英米文学科の田中瑞華はレディース有級小太刀の部とレディース有級・有段長物の部で準優勝、国際交流学部国際交流学科の梅澤芽以はレディース初段以上両手長剣の部にて3位という成績を収めました。

大会では待ち時間に外国人選手と会話をするなど、試合以外でも良い経験ができました。外国人選手は、私たち日本人とは戦い方が異なるため苦戦しましたが、落ち着いて相手を見て戦えたことが勝因かと思います。

 

世界大会は今年度最後の大会でした。今後は次年度に向けて個人目標・団体目標を定め、これまでの経験を活かしながら目標に向かってさらに練習に励んでいきたいと思っています。