この記事の執筆は ”国際交流学部”です

知足ゼミとエコキャンパス研究会が企業・学生の課題解決マッチング会で受賞!

2018年12月16日(日)、横浜市・横浜市地球温暖化対策推進協議会共催により「企業・学生の環境課題解決マッチング会」が神奈川大学横浜キャンパスで開催されました。この大会は、市内の8企業から提示された環境課題(持続可能な開発目標(SDGs)や低炭素社会の実現へ向けた取り組みの具体策)への解決策を学生の視点から提案するものであり、市内の5大学、1高校から15チーム(総勢65名)が参加しました。

発表の様子

本学からは、国際交流学部・知足章宏ゼミの1チームが、日産自動車株式会社からの課題(低炭素社会へ貢献する超小型モビリティの利用拡大策)、同ゼミのもう1チームが日本KFCホールディングス株式会社からの課題(フードロス削減策)、またエコキャンパス研究会1チームがハンファQセルズジャパン株式会社からの課題(太陽光発電の更なる普及策)について、各社への事前訪問を踏まえて準備・検討を重ね、解決策をプレゼンテーションしました。
審査の結果、知足ゼミ2チームが「横浜市特別賞」、エコキャンパス研究会が「横浜市地球温暖化対策推進協議会賞」をそれぞれ受賞しました。

他校の学生による提案からも多くの事を学び、環境対策・低炭素社会の実現に向けて何が必要なのか、自分たちには何ができるのかなど、参加した学生にとって、様々なことを考える貴重な経験となりました。本会の関係者、企業の皆様に改めて感謝を申し上げます。

国際交流学部准教授 知足 章宏