この記事の執筆は ”就職課”です

キャリアガイダンス「国際機関で働くには」

5月27日に外務省国際機関人事センターの職員の方を講師に迎え、国際機関で働くための準備や心構えについて説明頂きました。

国際機関とひとくちに言ってもUNICEF(国連児童基金)、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)やWHO(世界保健機関)など様々な組織があります。
こうした国際機関でのキャリアをつかむために、今からどのような準備ができるのかということについてお話しをいただきました。

img_2013_13_01

「4年間の大学での勉強プラス、社会経験(海外経験を視野に入れたキャリアプラン)や大学院での学び」、「語学・コミュニケーション能力の向上」などに学生のうちから取り組み、10年後を視野にプランを立てていくなど、具体的な事例を交えながらアドバイスをいただきました。 また、実際に活躍している方の様子を映像でも見せていただくことで、より具体的に仕事内容をイメージすることができました。

参加者は1年生から3年生までと幅広く、「新しい発見・知識が増えた」「キャリアの積み方を考えるきっかけになった」といった声が寄せられ、満足度の高い講座となりました。