この記事の執筆は ”国際交流学部”です

私を変えたフェリスの授業~国際交流学会主催の春の講演会~

6月27日、国際交流学会主催の春の講演会を開催しました。今回は、本学の卒業生で、NPO法人「かものはしプロジェクト」の代表を務める村田早耶香さんの講演です。

村田さんはフェリスの授業で、途上国で子どもが売られている現状を知り、何かできないかと思い、大学時代から活動を始め、現在もカンボジア・インドなどで活躍しています。

img_2013_16_01

前半は、なぜ「かものはし」プロジェクトを設立したのか、事業として成り立つまでの苦労や、仲間たちとの出合いや現在の活動についてお話いただきました。後半は、フェリス生を代表して5名の学生と村田さんでパネルディスカッションをしました。また、途中からスカイプを使って、カンボジアの現地スタッフも加わった活発な意見交換が行われました。

村田さんの熱い想いと真摯に取り組んでいる姿に、多くの学生は刺激を受け、フェリスでの学びや大学生活、将来について考える大きなきっかけとなりました。