この記事の執筆は ”国際交流学部”です

「ライオン山梨の森」での植林活動

4月18日に国際交流学部・佐藤輝ゼミの学生8名が山梨県内で植林活動を行いました。

この取組みは「カーボンオフセット」の一環であり、昨年11月の大学祭期間中に排出された二酸化炭素4トンを樹木によって長期的に吸収させることをめざしています。大学祭にご来場の皆さまからの募金21,453円とライオン(株)CSR推進部、公益財団法人オイスカ、山梨市役所、やまなし森づくりコミッ ション、八幡小学校などのご尽力によって2010年度から継続している活動です。

img_2014_04_01

多くの方々からご協力いただき、誠にありがとうございました。