この記事の執筆は ”国際課”です

交換留学生の「修了証授与式」

2014年度後期に海外協定校から受け入れた交換留学生のうち10人がフェリスでの学びを終え母国に帰国します。そこで、1月26日(月)のチャペル・サーヴィスで、秋岡学長から交換留学生に修了証が授与されました。

チャペルにはフェリスで共に学び活動してきた留学生会の会員、メンター、チューター、ジャパンスタディーツアーで平和について語りあった仲間、寮で一緒に暮らしたレジデント・アシスタントや教職員が集い、交換留学生と共に礼拝の時をもちました。

礼拝終了後は別れを惜しみ、いつまでも記念撮影する学生たちの姿が見られました。 韓国の留学生は、「一日でも若い時に、学生の時、挑戦してください。“遅れたと思った時が一番早い”という韓国のことわざがあります。今すぐ、戸惑うすべての事に挑戦しましょう。」という言葉を私たちに残してくれました。

img_2014_34_01