この記事の執筆は ”就職課”です

1年生から就職課を活用しよう!

「就職課」というと、3年生になって就職活動が始まったら利用すればいい、と思っている人が多いのではないでしょうか。でも、そんなことはありません!もちろん1年生や2年生のうちから就活を始める必要はありません。しかし学びと同時に、社会に出て役立つ力やスキルを意識すると、4年間で大きく飛躍することができます。

フェリスでは、低学年のうちから社会に出て役立つ力を身につけること、今の自分の強みや課題を把握し学生生活の目標を明確にすることができるよう、様々なプログラムを用意しています。

昨年11月には、1・2年生を対象に「学内インターンシップ」を実施しました。このプログラムでは、16人の学生が「就職課が新1年生向けに発行するパンフレットを企画・提案する」という課題に挑戦。少人数のチームで意見を出し合い、ベストな提案にまとめ、就職課担当者にプレゼンテーションを行いました。人材教育を行う企業から講師を招き指導してもらったので、社会人の視点を交えながら、「チームで協力しながら成果を出すこと」「仕事の進め方のコツ」などを学ぶことができました。

フェリスブログ写真1月(加工済)-260x172
チームで協力しながら 成果を出せた時の喜びは格別です!

「1・2年生から社会に出る準備を始める!」。これが、最終的に就活に「勝つ」秘訣なのです。

就職部長 上原良子