この記事の執筆は ”就職課”です

新聞記者体験講座を実施しました!

この写真、何をしている所か分かりますか?

警察取材の様子-260x172

これは、学生たちが「警察」へ取材をしている所なんです。といっても、本物の警察ではありません。実はこれ、新聞記者になりきって、新聞記事を作成する「新聞記者体験講座」の1コマ。

2月18日(水)、19日(木)に行われたこの講座では、1,2年生の14名が新聞記者として、模擬の記者会見や事件の取材、そして記事作成にチャレンジしました。

模擬といっても、内容は本格的。

記事は、神奈川新聞社にて現役で活躍している方が「デスク」としてチェック。

記者会見では、企業の方が本物のプレスリリースを説明。

模擬取材では講師の方がいろいろな役割を演じ、リアルな取材現場を再現するという、とても実践的な模擬体験です。

この講座、今回が初めての試み。就職課の職員も、ワクワクと同時にドキドキしながら当日を迎えたのですが、参加した学生の「楽しかった!」という笑顔や、「事実を正確に伝えることの大切さを学べた」「情報の整理や文章の構成のし方を、就職活動で活かしたい」という声を聞き、やって良かった!と心から思いました。

就職課ではこれからも、学生の成長、そして将来のキャリアのために多彩な講座を企画していきます。

新聞を広げて記事を書く-260x172
新聞を参考にしながら記事を作成
プロの「デスク」のチェックはやっぱり厳しい
プロの「デスク」のチェックはやっぱり厳しい

就職部長 上原 良子