この記事の執筆は ”国際課”です

ジャパンスタディーツアーに行ってきました!

今年で第18回を迎えるジャパンスタディーツアーは、9月8日から2泊3日の日程で開催され、日本人学生10名と海外協定校の交換留学生12名、計22名 が参加しました。このツアーには3つの目的(平和学習・日本文化の学び・国際交流の促進)があり、参加者は事前に研修を重ね、予備知識などを養った上で、 広島・岡山を訪問しました。

広島では、広島女学院大学の学生たちと一緒に、市内の原爆遺跡を見学し、被爆体験者からお話しをうかがった後、平和について考え・話し合う機会を持ちまし た。日本、世界各地でそれぞれが受けてきた戦争教育の違いを共有し、広島で暮らす方々の思いを知ることは、参加した学生たちにとって大きな学びとなりまし た。戦後70年を迎える今年は、追体験の重要性を重く受け止め、自ら行動を起こしたいとの声が多く寄せられました。

この他、厳島神社や倉敷美観地区の散策や備前焼体験をし、広島の宿では30畳ほどの部屋に参加者全員で枕を並べて宿泊するなど、たくさんの思い出ができました。ツアーで育まれた友情がキャンパス内でも継続し発展することを願います。
原爆ドーム(広島平和記念碑)
原爆ドーム(広島平和記念碑)
備前焼に挑戦!
備前焼に挑戦!