この記事の執筆は ”文学部”です

コミュニケーション学科、公開パフォーマンスを開催!

16-255_0909_01

16-255_0909_02今年も、体育館サブフロアで「コミュニケーション学探求」の公開パフォーマンスを開催。コミュニケーション学科の2年生が履修する本授業では、非言語コミュニケーションとしてダンス作品を創作しています。

今年は、各グループでテーマやメッセージを一から設定し創作する課題作品に加え、詩集『グレープフルーツ・ジュース』からインスピレーションしたものを身体で表現する作品も披露。言語を身体表現に置き換える際に、ともすればジェスチャー的な表現に陥りがちです。が、それを極力禁止したことで、言語の意味をかみ砕き、言語のもつイメージを身体を媒体として表現する作業に、履修者は戸惑い悩みつつも果敢に取り組み、テイストの異なる2つの作品に仕上げていました。

限られた時間の中で、複数のダンス作品を創作するのは大変苦労していましたが、本番になると全員目の色が変わり、会場にお越しの皆さんを魅了していました。

文学部コミュニケーション学科准教授 高橋京子