この記事の執筆は ”音楽学部”です

「管弦アンサンブル定期演奏会」が開催されました

12月2日、フェリス管弦アンサンブル第15回定期演奏会が行われました。弦楽・管楽アンサンブルの授業を履修している学生たちによる「フェリス管弦アンサンブル」と、オーディションで選ばれた学生ソリストが協演するコンサートです。演奏学科で弦楽器・管楽器を専攻する学生だけでなく、音楽芸術学科の学生もオーケストラの一員として舞台に立つ貴重な機会となります。

今年、オーケストラが演奏したのはモーツァルトの歌劇『フィガロの結婚』序曲と、ベートーヴェンの交響曲第7番イ長調、ソリストとの共演曲は、ピアノおよびヴァイオリンの協奏曲とオペラアリアがそれぞれ1曲ずつ。

飯吉高先生の指揮のもと、学生が一丸となって演奏する名曲揃いのプログラムに客席も大いに沸きました。

16-479_0119_01

音楽学部・演奏委員会室