この記事の執筆は ”その他”です

読書運動プロジェクト 朗読会「いまの自分に、できること。―寄り添って歩こう―」を開催しました

読書運動プロジェクトのメンバーのうち朗読を活動の中心としている「朗読チーム」が、OGで構成される朗読グループ「すずの音(ね)」とともに、2月12日(日)に神奈川近代文学館のホールで朗読会「いまの自分に、できること。―寄り添って歩こう―」を開催しました。文学館との共催で行うこの朗読会も今年で7回目。この時期の恒例イベントとなり、毎回楽しみに足を運んでくださる常連のお客さまもたくさんいらっしゃいます。

今回のプログラムは、宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」、宮部みゆき「チヨ子」、工藤直子「ねこはしる」、そして重松清「記念日」の4作品で、ちょっと切なくホロリとくる名作ばかり。

朗読会ではマイクを使わず肉声だけで読むのですが、会場の隅々にまで作品の世界を届けることができ、客席からは大きな拍手をいただきました。

図書館 K. M.

この日のために練習に励みました
この日のために練習に励みました
終演後、鈴木千秋先生を囲んで全員でパチリ!
終演後、鈴木千秋先生を囲んで全員でパチリ!