この記事の執筆は ”ボランティアセンター”です

ボランティアセンター 2016年度第3回学生スタッフ研修会報告―沖縄で「平和」を考える―

第3回学生スタッフ研修会は6名の学生と、上條前コーディネーターとセンター長高柳が参加して「平和」をテーマに、3月17日(金)-19日(日)の2泊3日で沖縄で行いました。いうまでもなく、沖縄では第二次世界大戦の末期に日本で唯一の地上戦である沖縄戦が戦われ、20万人以上の死者のうち9万4000人は沖縄の市民でした。その後、米占領下におかれ、1972年5月15日に「復帰」を果たした後も、現在でも沖縄本島の20%近い土地が米軍基地・施設で、面積をベースに日本の米軍基地の74%が沖縄に集中しています。このような問題を念頭に置きつつ、復帰45周年の年の沖縄研修を行いました。詳しくはこちらをご覧ください。

2016年度センター長 高柳彰夫

ひめゆりの塔
フェンスの向こうは普天間基地