この記事の執筆は ”音楽学部”です

セントラルタウンフェスティバルY160に出演

2009年、横浜開港150周年「開国・開港博Y150」が開かれたのを機に、翌年から始まった「横浜セントラルタウンフェスティバル」。今年はY160として、5月25日(土)・26日(日)に開催され、音楽学部も演奏で参加しました。

まず、5月25日(土)は山手のベーリック・ホールにて、大学院2年生から選ばれたピアノ1名、声楽2名が、フルートの井出朋子先生の賛助出演を得て、「リビングコンサート」で演奏しました。座りきれず立ち見が出るほど沢山のお客様から、温かな拍手が贈られました。

翌26日(日)には、恒例となっている横浜銀行元町支店ロビーでのコンサートに木管アンサンブルが登場。加えて今年は、横浜高速鉄道株式会社にご協力いただき、みなとみらい線「馬車道」駅コンコースにて初めての「駅コン」を開催しました。午後1時から5時まで4時間にわたるステージには、声楽アンサンブル、木管トリオ、ヴァイオリン・デュオ、ギター弾き語り、バンドが出演し、多彩な演奏を繰り広げました。

ベーリック・ホール「リビングコンサート」
横浜銀行元町支店での木管三重奏の演奏
馬車道駅コンサート 声楽アンサンブル
馬車道駅コンサート ヴァイオリン・デュオ
馬車道駅コンサート ギター弾き語り
馬車道駅コンサート バンド演奏