この記事の執筆は ”学生課”です

「普通救命講習会」を実施しました

7月31日に泉消防署緑園消防出張所による普通救命講習会を実施しました。
本学では、学生が安心して課外活動に取り組めるように、適切な応急処置を学ぶため、毎年、普通救命講習会を行っています。今年は公認団体(クラブ活動)の学生を中心に30名が参加しました。

講習では、事故が発生したときの初期対応の大切さ、救急隊員が到着するまでの間に適切な処置を施すことにより多くの人命が救助できることを学んだ後、人形を使った心肺蘇生法(人工呼吸法、心臓マッサージ)やAED(自動体外式除細動器)の実践練習を行いました。講習開始前は「自分にもできるのだろうか?」と不安そうな顔もみられましたが、3時間の実践を終えた後には、「家族や友人、身近な人と共有し緊急時に役立てたい」「危機管理に対する意識が変わった」などの感想が聞かれました。

受講した学生には、横浜市防火防災協会から「普通救命講習修了証」が交付されます。