この記事の執筆は ”環境”です

エコキャン × ヴィ・ド・フランス 共同プロジェクト第6弾!
コラボパンをいずみ野駅前イベントで販売

本学公認団体のエコキャンパス研究会が、株式会社ヴィ・ド・フランスとの共同プロジェクト第6弾として、コラボレーションのパン5品を考案し、8月31日のいずみ野マルシェ+(プラス)でお披露目しました。

このプロジェクトは、横浜市と相鉄グループが推進する産官学民連携によるまちづくりの取組「相鉄いずみ野線沿線 環境未来都市(次代のまちづくり)」の一環として、沿線地域の魅力発信による地域活性化・地域への愛着心向上・次代の担い手育成を目的としています。

今回は、新しい令和の時代に入り、このイベントに多数来場される子供たちの未来が明るくなることを願って、「未来へのギフト」をテーマに15品ほどを考案し、その中から関係者の投票によって5品が選ばれました。ドライフルーツ入りクリームパンにリボンの付いた「ギフトパン」や、見た目も具材もお子様向けの「チーズドッグうさぎ」が好評でした。考案に携わった学生たちが商品の特徴を説明しながら、約210個を販売しました。

学生たちは、「地元のイベントを盛り上げられるように、夏でも食欲をさそうカレー味やスタミナのつきそうなネギ塩風味のパンも取りそろえました」「とても暑い中での販売となりましたが、今回も完売できて本当にうれしいです」と笑顔で語ってくれました。
今回も多くの皆様にご協力いただき、心から感謝いたしております。