この記事の執筆は ”国際課”です

ジャパンスタディーツアーに行ってきました!

今年もジャパンスタディーツアー(2泊3日)を実施しました。今年で21回目となるジャパンスタディーツアーは、広島での平和学習を軸とする本学の伝統的な研修旅行です。それぞれバックグラウンドの異なる留学生と日本人学生が交流を深めつつ、平和について共に学ぶ特徴的なプログラムです。また、例年、平和学習プログラムには広島女学院大学宗教センターのご協力のもと、広島女学院大学の学生のみなさんにも参加していただいています。
今年は留学生16名と本学の学生8名計24名、教職員4名の28名で、広島市、尾道市に行ってきました。

ジャパンスタディーツアーは、学びをより深める目的で、ツアーの前後に研修が組まれています。参加者は、訪問先について事前に調べたうえでツアーに参加します。

メインの平和学習は2日目に1日かけて行いました。爆心地、原爆ドーム、袋町小学校、広島平和記念公園、平和記念資料館を訪れた後、被爆者の方から体験談を伺い、その後、広島女学院大学の学生のみなさんを交え、平和について考えて話し合う機会を持ちました。異なる文化や習慣をもつ学生どうしが平和に対するそれぞれの考えを言葉にして伝え、また異なる意見を聞くことで、改めて平和について考えるよい機会になりました。

また、宮島、広島市(1日目)、尾道市(3日目)でのフリータイムでは、留学生、日本人学生がグループに分かれてそれぞれ事前に調べたお好み焼きのお店やスイーツの店を訪れるなど、広島を満喫しました。短い期間でしたが、充実した3日間で大いに打ち解けあった様子でした。このツアーで育まれた友情と学びが今後も大きく発展していくことを願っています。
研修でお世話になった皆様、ありがとうございました。

ジャパンスタディーツアーの様子は国際センター公式facebookにもアップロードしています。ぜひご覧ください。https://www.facebook.com/FerrisInternational/