この記事の執筆は ”文学部”です

2019年度 フェリス女学院大学英文学会講演会

2019年度も幕を閉じようとしていますが、今年度の英文学会講演会は去る1月10日(金)の4限にキダーホールでおこなわれました。英文学会とは、英語英米文学科の学生を中心とする学術団体で、毎年各種イベントの企画運営・刊行物出版などをおこなっています。

今年度の講演会では、東京大学・大学院の阿部公彦(あべ・まさひこ)教授をお招きし、「ポスト『4技能』時代の英語:〈お悩み解決型〉学習で必要な力を身につけよう」という題目でお話をいただきました。「日本人は英語が苦手」という劣等感はどこからくる? それを解決するにはどうすればいい? などという英語学習者および教員が日々直面する問題に関して、専門的な見地から、しかしYouTubeの映像などを用いたとてもわかりやすいかたちで、有益な示唆をいただきました。英語教育・第二言語習得を専門とする学生のみならず、100名以上集まった多くの学生・教員にとって、とても勉強になる講演会でした。

阿部先生、どうもありがとうございました。