この記事の執筆は ”企画・広報課”です

誕生からもうすぐ10年!フェリス生の憩いの空間「F Cafe」

緑園キャンパスにある「F Cafe」は、いつも学生たちでにぎわっています。お昼休みは食事場所として、それ以外の時間帯は授業の予習や復習をしたり、グループでミーティングしたりと様々な場面で活用されています。2018年に行った学生調査でも「空き時間を過ごす場所」として図書館に次いで2位という結果でした。

学生たちに人気のF Cafeは今年の秋で誕生から10年を迎えます。
F Cafeのある4号館の建物は、緑園キャンパス開設当時(1988年)は図書館、大講義棟として建設されました。その後、キャンパスの施設拡充を経る中で、しばらくはカフェテラスなどに利用されていましたが、「魅力あるキャンパスづくり」の一環で発足したプロジェクトチームの提案により、2010年秋に現在のF Cafeが誕生しました。検討にあたっては、当時の学友会、大学祭実行委員会、エコキャンパス研究会の学生たちとも意見交換を行い、「くつろぎ」「おしゃれ」「エコ」をコンセプトとした空間にすることが決まりました。

「くつろぎ」・・・座席の配置はゆったりと広めに確保。一人の時にも利用しやすいように窓際にカウンター席を設置。ミーティング用の応接コーナーもあります。
「おしゃれ」・・・フロア全体を落ち着いた色合いで統一。テーブルやイスは見た目だけでなく利便性も重視して選定されたものです。
「エコ」・・・照明はすべて省エネタイプの蛍光灯を使用するなど、環境にも配慮しました。

フェリス生がホッとひと息つける場所としてすっかり定着したF Cafe。たくさんの学生であふれる光景を目にする日が来ることを楽しみに待っています。