この記事の執筆は ”企画・広報課”です

緑園都市駅の電車到着サイン音『アンダンテ』とは?

緑園キャンパスの最寄り駅、相鉄いずみ野線緑園都市駅では、フェリス生のアイディアで実現した電車到着サイン音『アンダンテ』が使われています。

緑園都市駅は改札とホームが異なる階にある構造です。「電車の音を聞いて慌てて改札を通り、階段を駆け上がってみると到着したのは向かい側の電車だった・・・。」これを音のデザインで解決しようと、産学連携プロジェクトの取組として、当時、音環境デザインを学ぶ学生たちが相鉄ホールディングス(株)、相模鉄道(株)の様々な部署のみなさんと一緒に作り上げたのが、電車到着サイン音『アンダンテ』です。

到着する電車が上り(二俣川方面行き)の場合は音階が上がり、下り(湘南台方面行き)は下がるメロディー。さらに快速は速いテンポ、各停はゆっくりのテンポと、方面や種別を音で判別できるよう工夫がされているので、駆け込み乗車の防止につながっています。


フェリス生にも好評の『アンダンテ』。緑園都市駅を利用する時にはぜひこのサイン音にも注目してみてください。

『アンダンテ』は以下のホームページで視聴することができます。
https://cdn.sotetsu.co.jp/archives/train/info/338.html