この記事の執筆は ”企画・広報課”です

学生支援センターの紹介(保健室、学生相談室)

本学では、学生の保健管理、学生相談及び障がい学生支援を企画推進する機関として学生支援センターを設置しています。学生支援センターには、保健室、学生相談室、バリアフリー推進室があり、それぞれ専門のスタッフが常駐しており、フェリス生の大学生活を支える心強い味方となっています。今回は1年次生のために保健室、学生相談室でのサポート内容をご紹介します。

保健室

学内で具合が悪くなったり、けがをした際の救急処置や、内科・婦人科・精神科の医師による健康相談を行っています。また、学生のみなさんが自分自身の健康を管理し充実した大学生活を送るためのサポートとして「ヘルスセミナー」も開催しています。婦人科に関すること、体脂肪率の測定、ダイエット方法、アルコールパッチテスト、栄養指導などをテーマに保健師からアドバイスを受けることができるので学生に人気です。また、日々の生活の中でのちょっとした悩みや不安には、保健師が予約なしで対応しています。

病気等で大学生活を送るうえで配慮が必要な場合もご相談ください。授業履修教員に向けた学生状況連絡票の発行に関するご案内もいたします。

学生相談室

学生生活における様々な悩みの相談に、カウンセラー(臨床心理士・公認心理師)が応じます。相談は原則予約制です。予約は直接来室のほか、電話やメールでも受け付けています。
※現在はオンラインの面談を実施しています。

在学生には予約方法等の詳細をFerris Passportの「お知らせ」でご案内しています。
些細なことでも、お困りのことや不安なこと等ありましたらご相談ください。
また、月に数回相談室ラウンジでのお茶会やワークショップを開催しています。
(例:リラックスヨガ、アクアビーズワークショップ、コラージュ体験など)
ホッと一息つきたい時や、心身ともにリラックス・リフレッシュしたい時などに是非ご活用ください。
※現在は行っておりません。