この記事の執筆は ”文学部”です

語学コース選択-英語英米文学科

6月になりました。新入生のみなさんは、そろそろ大学の授業にも慣れてきた頃でしょうか。本学では、例年、一年次の6月(本年は7月に延期)に、後期以降の語学履修コースを選択することになっています。本学の語学コースは、英語インテンシブ・コースと英語スタンダード・コース、2か国語履修コース、初習外国語インテンシブ・コースと初習外国語スタンダード・コース、と多様なコースからなり、各自が、それぞれの学習目的に合わせて選択することができるようになっています。

英語英米文学科の学生は、このうち、英語インテンシブ・コースと2ヶ国語履修コースの2つのコースから1つを選択します:
英語インテンシブ・コースは、徹底して英語を集中的に学び、極めることを目標としたコースで、集中的に週6回(新カリキュラムでは週5回)の英語の授業と課題をこなしていきます。英語力を強化することにより、専門科目となる英語圏の文学、文化、社会、英語学をより深く理解することへとつなげていきます。
2ヶ国語コースは、英語を学びながら、もう1ヶ国語をバランスよく学ぶコースです。語学を通して複数の文化圏について学び、豊かな教養と広い視野を身につけることができます。

どちらのコースを選択しても、それぞれの語学力を伸ばし、卒業後の進路において多くの卒業生が活躍しています! 現状では、英語英米文学科の学生の3分の2以上が英語インテンシブ・コースを履修して英語力を磨いています。英語インテンシブ・コースでは、この時期に行われるプレイスメント・テストにより、自分の実力にあった少人数の(15人程度)レベル別クラスで学習することができることも魅力の一つです。「インテンシブ」(集中的)に英語を学ぶことは、学生たちの自信にもつながっているようです。2021年度からは、新・英語インテンシブ・コースとして、新たなカリキュラムによって、教員と学生が一緒になって「英語User」を育てる教育に取り組んでいきます。