この記事の執筆は ”文学部”です

英語多読図書-英語英米文学科

7月に入りました。前期は、遠隔授業という新しい形での学習となりましたが、すべての皆さんのご協力と努力により、ようやく、夏休みも目前というここまでやってくることができました。対面式の通常の授業に比べ、様々な不便や苦労もあったことと思いますが、反対に、在宅学習によって、授業に集中できたり、学習に多くの時間を費やすことができたりと、より充実した学習時間を得られた方も多いのではないかと思います。

さて、学生の皆さんには、こうした中で習得した多くの知識やスキルを、ぜひ今後の学習に活かし、豊かな知識を蓄えていってほしいと思います。ただし、せっかく苦労して得た知識や語学力も、忘れたり、低下するのはあっという間ですね。そこで、9月の後半までの長い夏休み中にお勧めしたいのが、英語多読図書です。「英語多読図書」は大学図書館(緑園キャンパス)の4階に設置されていますが、HPからデジタル版で読むことも可能です。レベル別に分かれ、ジャンルにおいても、多様な内容の作品が揃っていますので、自分の力にあった様々な作品を楽しむことができます。ちょっと読んでみたいけど難しそうなシェイクスピアをのぞいてみたり、訪れてみたいいろいろな国の歴史や芸術に没頭してみるのも楽しいですね。自分の関心を模索しながら、英語力にもさらなる磨きをかけてみてください。

後期の授業では、きっとその効果が実感できることと思います。前期に頑張った疲れを十分に癒しながら、後期に向けてたくさんのエネルギーを「効率よく」充電してきてくださいね。