この記事の執筆は ”学生課”です

公認団体(クラブ活動)の主将たち向けに夏季リーダーズワークショップを実施しました!

公認団体(クラブ活動)を対象とした夏季リーダーズワークショップを9月11日(金)に実施しました。
リーダーズワークショップは、年二回、公認団体の主将や副主将が参加し、クラブの現状や問題点を共有し合うことで、各団体の活動がより円滑になることを目的として行っています。今回は、コロナウイルス感染予防のため、初のオンラインでの開催となりました。

公認団体を主幹している学生課がファシリテーターとなり、「クラブをスムーズに引き継ぐために」というテーマのもと、

  1. 自分たちが先輩から引継ぎを受けた後に困ったことについて、所属クラブの実体験を振り返る
  2.  先輩が後輩に引継ぎをする際に必要な要素を考える

という2点について、グループに分かれて意見を出し合いました。

普段はなかなか聞く機会のない他の団体の実情を知ることで、自分たちのやり方を改めて見つめ直すきっかけとなったという学生も多くいました。

参加者の感想

  • 他の団体の引継ぎがどのように行われているかを知ることができた。良いなと思ったことは積極的に自分の部でも取り入れたいと思った。
  • 自分の部が引継ぎの際少し手間取ってしまったことがあったため、他の部の意見や話を聞き、改めて改善すべき点がわかったことや、きちんとできていた点が客観的に見つかったのが嬉しかった。
  • 引継ぎの重要性がよくわかった。後輩が困らないために今から準備をし、丁寧な引継ぎを行っていきたいと思った。

今回は初のオンライン開催となりましたが、今後も公認団体の現状を把握しながら、状況にあわせた内容と方法でワークショップを実施し、引き続き団体活動をサポートしていきます。