この記事の執筆は ”宗教センター”です

緑園キャンパスチャペルのカリヨンベルの修復を行いました

緑園キャンパスのチャペルの屋根の上には、カリヨンベルがあります。
このカリヨンベルの、3つのベルのうちの1つが故障のために長い間鳴らなかったのですが、修復が完了して3つのベルがまた鳴るようになりました。

カリヨンベルは、キリスト教の歴史の中では3世紀から5世紀にかけて、礼拝の開始を告げる合図や儀式の中で用いられ始めたと言われています。フェリスでも礼拝の時間をお知らせするために鳴ります。

8月31日(月)より、土日を除く平日にチャペルサービスの時間に合わせて、12時20分と12時40分にベルが鳴っています。
カリヨンベルの美しい音色を、構内で一緒に聴くことができる日々がまた来ますようにと祈っています。

実際のカリヨンベルの音色はこちら(大学公式インスタグラム)で聞くことができます。

宗教センター