この記事の執筆は ”国際交流学部”です

国際交流学会総会&1年生の集いをオンライン開催しました!

国際交流学会では例年、春季講演会とともに総会を開催していますが、今年度はコロナウイルス感染拡大の影響により春季講演会の開催が中止となったため、9月23日にオンラインにて2020年度総会と、新たに企画した「1年生の集い」を開催しました。

総会では事前に資料をWeb上で配布し、参加者からの承認を得たうえで、前年度の活動報告、今年度の活動計画と予算について報告しました。

1年生の集いの様子

総会後には「1年生の集い」を開催しました。例年、1年生は入学後4月に行われる学外オリエンテーションで1年生同士や上級生との交流、大学生活に関する意見交換などが行われますが、これらの催しも今年度は中止となってしまいました。1年生の前期必修科目である「研究入門(国際交流学部での学び)」も今年度は後期に開講されるため、国際交流学部の先生方それぞれの専門分野を知る機会もなかなかない状態でした。そこで、上級生や1年生同士での交流、国際交流学部の先生方による自己紹介など、1年生と大学の繋がりの場を設ける目的で「1年生の集い」を計画しました。
1年生にとって、先生方の自己紹介や専門分野の紹介は、高校生の時とは異なる大学でのこれからの学びを想像できる場になったのではないでしょうか。また、集い後半の学生同士の交流会はとても盛り上がり、時間を延長して行われました。

このような状況下で、なかなか対面での学生間の交流を実現するのは難しいですが、これまで入学した際に上級生がサポートをしてくれたように、キャンパスライフを制限された状況でも1年生をサポートできるよう、国際交流学会のみならず、学部全体でサポートしていきたいと思います。