この記事の執筆は ”環境”です

エコキャンパス研究会が横浜アクションアワード2021で協賛賞を受賞

2月13日(土)、公認団体エコキャンパス研究会が第2回横浜アクションアワード2021(主催:同実行委員会)の協賛賞を受賞しました。

横浜市内の若者と地域コミュニティの連携事例を対象に、その活動を応援し広げる場として、この日、合計6団体による2次審査プレゼンテーションと質疑応答がオンラインでおこなわれました。エコキャンパス研究会の場合、地元のカフェと新たに共同でランチメニューを開発するプロジェクトが高く評価されました。連携先の(株)相鉄ビルマネジメントとRCA(緑園都市コミュニティ協会)のかたがたからも応援のコメントをいただきました。研究会メンバーたちは「リモート会議という試みでも、かなりの過程を補完できた」や「春メニューだけでなく、夏、秋へとつづけられるようがんばりたい」と抱負を語っていました。

また、同研究会のオリジナルのマイボトル企画では、形状・容量の調査から図版の制作・検討を経て、4月からキャンパス内や地域イベントにて販売を再開いたします。海洋プラスチック対策と地球温暖化抑制に対する身近な実践を広く呼びかけるために、インターネットによる通販にも対応する予定です。ぜひお手に取っていただければ幸いです。