この記事の執筆は ”就職課”です

第1回キャリア研究会(OGトーク)が行われました

9月25日(土)に第1回キャリア研究会(OGトーク)がオンラインで開催されました。
この研究会は、新たな取り組みとして2021年度からスタートし、特定非営利活動法人キャリア・エンパワメントと就職課が共催。全4回シリーズで開催予定です。

研究会の目的は大きく分けて2つあります。1つ目は、参加学生たちにOGである先輩方の働くことに対するリアルな話を伝えていくことで、自分たちの働くイメージを膨らませ、キャリアについて前向きに考えられるようになること。そして2つ目は、参加者同士のワークを通じて、自分自身とは異なる視点で新しい価値観を発見し、視野を広げることです。

今回開催した研究会では、1年生から4年生までの総勢32名と特定非営利活動法人キャリア・エンパワメントから社会人ファシリテーター9名が参加しました。OGゲストとして、SCREEN SHOT株式会社 代表取締役の馬渡 彩衣様にご登壇いただきました。

70分ほどの講演の中で、前半では海外留学、海外で働こうと思ったきっかけ等の「海外で働くこと」をテーマに、後半ではなぜ起業するに至ったか、起業したことで何を得られたか等の「起業すること」をテーマにお話しいただきました。講演いただいたテーマを踏まえて、参加者たちはいくつかのグループに分かれ、ワークを行いました。ワークでは、社会人ファシリテーターが各グループについてくださり、学生の意見を引き出し、活発な意見交換ができるように促してくださいました。その結果、OGのお話から自ら積極的に行動して経験することの重要性や人との出会いを大切にすること、大学での学びや経験が社会とつながっていることなどの気づきが各グループで共有できたようです。また、ワークの中で自分と異なる意見にも耳を傾け、新たな視点を養うこともできました。

学生からは、「自分たちがなりたい姿と、それをどのように実現させていくかをグループで話し合うことができた。」「自分の好きなことを取り組み続ける時には、不安になることもあるが、信じて進んでいくことが大切だと思った。」等の感想が寄せられました。

次回以降の研究会でもOGの講演、参加者同士のワークを通じて、学生たちを後押しする機会をつくっていきます。