FERRIS(フェリスプラス):実践教養探求課程

(本課程は定員を超えた場合、履修者の選抜を行います)

FERRIS実践教養探求課程のカリキュラム

FERRIS実践教養探求課程(以下FERRIS)は、大学での学びと社会との接点を意識しつつ、現代に求められる教養、将来に求められる教養を主体的に探求し、学ぼうとする学生のための課程です。本課程は、学部・学科における4年間の学士課程の学びと並行して、2年次~3年次の2年間を中心に展開します。
FERRISは、実社会で求められる教養を具体的な課題に取り組むことで体験的に学ぶプロジェクト演習科目と、CLAが開講する所定の科目の履修によって修了することができます(修了要件参照)。社会のさまざまな局面で応用、実践できる教養とは何かを探求することは、卒業後の社会生活に必要不可欠な力を身につける学びの機会であるとともに、学生が自分の進路・キャリアについて考え、積極的に試行錯誤する貴重な時間でもあります。

実践教養探求課程修了証

FERRISを修了した学生には、就職活動が本格化する3年次3月に「実践教養探求課程修了証」が発行されます。

カリキュラム構成
修了要件
TOPへ戻る