バリアフリー通信 vol.11

振り返りと新年度へ向けて

みなさん、こんにちは。
寒かった冬も過ぎ去り、もうすっかり桜のきれいな春になりましたね。

今回は私たちの2012年度の活動報告をしたいと思います!

今年度の活動ではスタッフが1、2年生主体となって活動したこともあり、経験不足からのミスや課題が多く見つけられました。しかし、活動が終わるごとに必ず反省会を開き、良かった点や悪かった点、それぞれが思った事を話し合う場を設けたことで、次の活動につなげることができたと思います。今年度の活動として、具体的に3つの活動を取り上げたいと思います。

(1)各講演会ノートテイク

学内でのスクリーンテイク実施は入学式、キリスト教講演会(前期・後期)、Ferris Festivalでの朝岡聡アナウンサー講演会、クリスマス礼拝でした。スクリーンテイクでは扱う機器が多いため、様々なトラブルが発生します。学生スタッフ全員がそういった不意のトラブルに対処できるよう、理解を深める必要があると感じました。また、オリジナルのマニュアル冊子も活用していきたいと思います。

(2)バリアフリーマップ作り

5月に行った学内マップ作りでは、何度も試行錯誤を重ね、実際に利用者の意見も参考にした良いものが出来上がりました。フェリスのキャンパスは広くはありませんが立地上の問題が数多くあります。フェリスに来校された方全員が気持ちよくキャンパス内での時間を過ごしていただくためのサポートになればと思います。

(3)シンポジウムへの参加

今年は日程が合わず、学外でのノートテイクに参加することが難しく、とても残念でした。かわりに、12月に愛媛県で行われたPEP-net(日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク)の日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウムに学生スタッフ3名が参加し、手話が共通語の空間、多数の利用者がいるスクリーンテイクや移動サポート、他大学でのバリアフリーへの取り組みを学びました。この貴重な経験をフェリスに還元できるよう只今模索中です。

また、学内では、現在特定の利用者が居ない中でのノートテイク、利用者の少ないサポート活動をする上での意識の問題もあります。誰のためにするのか、何のためにするのかを見失わず、責任を持って活動するために、バリアフリー推進室ではこれからも講習会やスタッフ同士での共有の場を大切にしていきます。

(文:中村萌恵)

12月1、2日、愛媛大学で行われた『第8回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム』に、バリアフリー推進室学生スタッフ3人で参加しました。

1日目は主に愛媛大学の学生スタッフ主催でオリエンテーションを行い、多くの学生と交流を深め、他大学の活動について情報収集をすることができました。参加者の学生の多くは健聴者であると思っていた私たちの予想とは異なり、難聴者またはろう者の方が多く、コミュニケーションを手話でとっていました。そのため手話ができない私たちはコミュニケーションを取るのにとても苦労をしたと同時に、焦りを感じました。手話ができないことで難聴者やろう者の方たちとの間に溝を感じ、普段難聴者やろう者の方たちがどのような気持ちで社会を生きているのかを考えるようになりました。しかしそんな中でも伝えようとする気持ちを持って向き合えば、手話が完璧にできなくても話をすることが出来ました。私たちはその橋渡しをするために、このシンポジウムに参加しているのだと再確認することができました。

2日目は大学内で約2時間の分科会に参加しました。3人それぞれが別の分科会に参加し、少しでも多くの情報を集めることに努めました。その中で私は手書き・パソコンによる要約筆記についての分科会に参加しました。実際に手書き・パソコンで要約筆記のデモを行ったり、他大学で行っている要約筆記の現状についての発表を聞きました。何より支援を受けている難聴者・ろう者の方たち自身の意見を聞けたのが一番の大きな収穫でした。私たちの活動において、伝える情報を要約してもいいのか、してほしくないのか、文末をどのようにした方がいいのか等、私たちが日頃疑問に思っていることを直接質問することができました。


今回のシンポジウムでは、自分たちがいかに勉強不足で、実力不足であったかを実感したと同時にもっと勉強したい!と強く感じる機会にもなり、私たちにとってとても有意義な時間となりました。このシンポジウムに参加して学んだ様々なことを今後に活かし、より良い活動につなげていきたいと思います。

(文:石井結)

以上、今年1年間の振り返りとシンポジウムの報告でした。いかがでしたでしょうか。今回学んだことを活かして、新年度も頑張って活動していきたいと思います。興味をもってくださった方は、ぜひバリアフリー推進室までお気軽にいらしてください。バリアフリー推進室は2号館2階ボランティアセンターのお隣にあります。いつでもバリフリスタッフがお待ちしています。

(編集:川浪由樹子)
(更新日:2013年4月15日)

フェリス女学院大学 バリアフリー推進室
〒245-8650 横浜市泉区緑園4-5-3
TEL:045-812-8315  FAX:045-812-8467  e-mail:barrierfree
場所:緑園キャンパスCLA棟2階
開室時間:平日 9:00~18:00