語学科目 教養外国語

英語や初習外国語以外にも3つの外国語を学ぶことができます。これらの言語は、語学の履修コースにかかわらず自由に選択できます。自分の専門分野に関してより深い知識を身につけることを目的として学ぶことも、また、単に自分の興味関心に合わせて選択することもできます。

古典ギリシア語
ヨーロッパ文明の基礎をつくった古代ギリシアやヘレニズム時代の文献、そして新約聖書を読むうえで、欠かせません。
ラテン語
古代ローマがヨーロッパ全土に広めたラテン語は、16世紀までヨーロッパの公用語でした。歴史や思想を深く追究するのにきっと役立つことでしょう。
イタリア語
文法や講読の勉強を通じて、ルネサンスのなかで培われた豊かなイタリア文化にふれ、見識を広めていきましょう。また、声楽を勉強するうえでは、イタリア歌曲の理解を深めるメリットもあります。

日本語
すでに十分使いこなしている私たちの日本語を、語学として眺めてみます。ふだん意識されない言葉のシステムがおのずと見えてくることでしょう。