言語センター

  • 言語センター紹介
  • 施設・設備の紹介
  • 語学カフェ
  • 語学学習カウンセリング
  • 言語センター紹介

    語学の学習に関するさまざまな相談に応じます。
    語学の習得には授業での学習に加え、授業外での学習も重要なポイントとなります。フェリス女学院大学言語センターでは、豊富な学習教材や設備をそろえ、学生の外国語学習のサポートをしています。

    場所・開室時間

    場所:緑園キャンパス 7号館3F
    開室時間:月~金 9:00~17:00

    資料利用

    貸  出

    カウンターに借りたい資料と学生証・ライブラリーカードをお持ちください。

    冊  数

    30冊(学部生・院生・科目等履修生)
    20冊(卒業生)

    期  間

    2週間

    返  却

    開室中はカウンターに、閉室中は、返却ラックに返却してください。
    返却期限日を過ぎると、経過した日数分だけ貸出が停止されますのでご注意ください。

    予  約

    資料が貸出中の場合は、カウンターにて予約を受付けます。

    購入希望

    カウンターにお申出ください。購入の可否は後日ご連絡いたします。

    ※雑誌の最新号、ビデオ、DVD、辞典は言語センター内でご利用ください。

    資料検索

    附属図書館蔵書検索システム:OPACをご利用ください。

    語学検定

    言語センターでは、語学検定の団体申込みを受け付けています。
    【実用フランス語技能検定】  春季 5月 / 秋季 10月
    【「ハングル」能力検定】   春季 4月 / 秋季 9月
    ※詳細は、FerrisPassportのお知らせを確認してください。

  • 施設・設備の紹介

    パーソナルゾーン

    語学学習に関する学習教材や各国の雑誌、映画、ドラマなどの資料を視聴できるブースのほか、相談・打ち合わせスペースも設置しています。ここでは学生一人ひとりに応じた語学に関するアドバイスや指導をする「語学カウンセリング」が行われます。

    パーソナルゾーン

    相談窓口

    語学科目履修に関する手続きや相談の窓口です。各語学検定試験の情報や留学関係の資料なども用意しています

    パーソナルゾーン

    パブリックゾーン

    カフェをイメージして作られた空間です。学生と教員、もしくは学生同士が言語の枠を越えて自由にコミュニケーションをとれる場として活用されています。

    パブリックゾーン

    パブリックゾーン

    パブリックゾーン

    多目的ルーム

    授業のほか、語学に関わるさまざまなイベントスペースとして活用できる空間となっています。

    グループゾーン

    言語センターの資料

    約8千点の語学資料(図書、雑誌、CD、DVD等)を揃えています。
    なかでも利用度が高いのは、検定試験対策の参考書です。
    約30種類の定期購読誌には、NHKの語学テキストやTOEICマガジン、各国のファッション誌などがあり、様々なジャンルの最新情報を得ることができます。世界各国の映画や、話題の海外ドラマも多数置いています。

    NHKテキスト

    NHKテキスト

    語学雑誌

    語学雑誌

    映画シナリオ

    TOEIC対策本

    語学検定試験問題集

    DVDコーナー

    洋書絵本

    ボードゲーム

    CALL教室・LL教室(7301CALL教室・7302LL小教室・7306LL大教室)

    CALL教室・LL教室などの効果的な語学学習を目的とした教室には、CALLシステム・デジタルLLシステムが導入されたパソコン、可動式の机椅子およびモバイル・プロジェクターなどのAV機器を設置。発声練習や、グループワーク、課題発表と活用方法はさまざまです。空き時間には語学の自習場所として使用できます。

    CALL

    LL小

    LL大