教員の養成の状況についての情報の公表

本学の教育理念For Othersに示される他者のために、そして他者とともにという観点に立ち、 幅広い教養と専門的な知識によって教育活動を実践することのできる教員を養成することを目的とします。

この目的のために
1年・2年次:
語学科目、教養科目(CLAコア科目)等の修得を通して幅広い基礎的な教養を身につけます。
さらに、教職に関わる基礎的科目の修得を通して教職の基礎的知識を習得し、各学科の専門科目におけるゼミ等を通して専門的知識の基礎的知識を身につけます。
3年次:
各学科の専門科目、および教職課程の専門科目を通して教員としての専門的知識を身につけるとともに、介護等体験の実習、ボランティア活動を通して教育に関わる諸問題を理解できるようにします。
4年次:
教育実習を通して実社会における教育経験を積み、さらに教職実践演習等の修得により、教員としての実践力を高めます。

カリキュラムマップ

教員養成に係る組織

教員数及び担当授業科目

各教員の有する学位・業績・担当科目(専任教員)

教科に関する科目

教職に関する科目

授業方法・年間授業計画(シラバス)

2015(平成27)~2017(平成29)年度 免許状取得状況

2015(平成27)~2017(平成29)年度 教員就職状況

教員採用試験への取り組み
①教育実習の事前指導に教員採用模擬試験、および横浜市教員採用担当官の説明会を組み込み、教職への意識を高めています。
②教員採用試験にむけて、希望する学生には教科教育の担当講師が個別指導を行っています。

教職を希望する学生には学期当初のオリエンテーションのみならず、随時相談を受け付け、履修指導を行っています。