2016年10月04日

2016年度音楽学部特別公開講座
「ヴァイオリン×コンピュータ」
最新技術を駆使した新しいアートの可能性

開催日 2016年10月4日(火)18:15開場 18:30開演
会場 キダーホール
メッセージ 2016年度第1回音楽芸術学科(たかの舞俐先生)企画の公開講座を開催します。
内容 作曲家/ヴァイオリニストの木村まりさんが「クラシック音楽の伝統の上に立って、いかに最新技術をアートに取り入れるか」を、演奏を交えて紹介してくださいます。
コンピューター・チップを装着した手袋をセンサーにして行う自動演奏、ヴァイオリンの調弦を変えずにチェロの音域まで弾く「サブハーモニクス」奏法など、興味津々の内容です。
また、たかの先生のヴァイオリンとエレクトロニクスのための作品「Full Moon」も、たかの先生の解説もまじえて演奏されます。
どうぞお誘いあわせの上ご来場ください。
参考 チラシ画像
入場料 一般:1,000円
オープンカレッジ生・卒業生:500円
高校生以下・本学学生・教職員:無料
(全席自由)
問い合わせ先 音楽学部共同研究室
E-mail:ongaku-y8_mail
TEL: 045-641-8396 (平日9:00-17:00)